『デカダンス』12話に対する海外の反応「無理やりハッピーエンドにした?」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、2020夏アニメ『デカダンス』12話に対する海外の反応をご紹介します。

「幼女戦記」を制作したスタジオNUTとアニメ「進撃の巨人」でも演出を担当した立川譲氏がタッグを組んだ作品です。

『デカダンス』10話に対する海外の反応「ナツメの真実への向き合い方」

ほかの『デカダンス』の海外の反応記事はこちら



引用:reddit

アニメ『デカダンス』12話に対する海外の反応

つまり、人間たちは真実を知らないままってことか?オレはもっと歴史を説明するOVAか映画がみたいな。
トリガー制作じゃないトリガーアニメの最高の終わり方。オレはマジで次にNUTが作るものが楽しみだよ。
無理やりハッピーエンドにしたって感じるのはオレだけかな?重要人物が死んだ。3年後、あ、バックアップみつけた。で、カブが戻ってくる。ふーん。

オレの予想はひとつも実現しなかったな。

1.デカダンスは巨大ロボにならなかった
2.ナツメはロボット・モードの生きてるカブに会わなかった
3.オレのクレイジーなセオリーである、人間のクレナイとロボのカブはくっつかなかった

良いエンディングだった。予想はついたけど、新鮮に感じるには十分だったよ。良いアニメ、最高ではないけど、でも良いオリジナル・アニメだよ。

いつもだったら、カブが死んだ後に戻ってきたことに対してイラつくところだろうけど、でもこの場合、彼はサイボーグだから納得だよ。
良いアニメの良いエンディングだった。
最高だったな!オレはマジでエンディングに大満足だよ。2期がある感じではないな。たぶん、プリクエル(前日譚)があったら最高だな。プリクエルがストーリーをもっとひろげて、たぶんジルについても。
すごく良い終わり方をした時って、2期があってほしい気持ちとあってほしくない気持ちの両方ない?オレにとってはそうだね。

満足できるエンディング。全体的にアメージングなコンセプト。だけど、多くのディテールはもっと広げられたと思う。1クールだけじゃなくて、2クールでサイボーグたちの社会についてももっとやってくれたらよかったんだけどな。最終回でサイボーグたちの社会についてはわかったけど、もっと詳しく作り上げてくれたらクールだったろうなって。

全体的に、10点中8点だね。業界を揺るがすようなものではなかったけど、最高のアイディアに溢れてたよ。人類の次の世界みたいな哲学的な冒険とか、社会の厳しさとかね。めっちゃ深く掘り下げたわけではないけど、コンセプトをみせるには十分だったよ。

オレはカブが最後に復活したのは好きじゃないな、しかもあれは、カブ・ダンスの前のカブラギだから技術的には同じ人物じゃないし、彼の犠牲を無意味なものにしたよ。

もっとみたい
正直、これに満足したとは言えないな。
オレにとっては、最初に驚く意外な展開があって、その後はさらに強烈な感じに展開することはなかった。
このアニメにはマジで驚かされたよ。
Wow、アメージングなエンディング、過小評価されてるアニメ

Wow、なんて最高のフィナーレ。みんながハッピーなエンディング。

待てよ、ちょっと待て。

マジでパイプを殺したのか、なんてこった。

オレは彼らがどうにかして最後パイプを生き返らせると思ってたのに、カブラギは生き返ったけど、パイプは生き返れなかった。それなのにパイプを見せつける。”見て、このパイプのキーホルダー、本物は生きられなかったからね、ただ、リマインドしただけ”みたいなね。

なんて最高のエンディング。すごい満足してる。10点中8点だね。エクセレントだった。オレが予想してたのより良いフィナーレだった!
オレにとって余裕で今期のベストアニメ。ぶっちぎりでね。
10点中10点だね、すごく楽しんだよ。ナツメの声優はめっちゃよかったってことを言いたいね、そしてこれが彼女の初めての重要な役の一つでもある。
サイボーグ・デカダンスがデスティニーからどうぶつの森に変わった。
カブラギがナツメのもとに戻ってきたのはよかった。
新しい”ゲーム”は農場シミュレーターあり、ファイティングあり、スポーツあり、そして ゲームの経験はクリエイティブだね。
オレはマジでデカダンスが巨大メカにトランスフォームするのを期待してたんだけど、まあそれでも最高だったよ。
実際巨大メカだよ、人型じゃないだけで。

なんてストーリー。すごく満足できるエンディング。急ぎ足だったかもだけど、12話であんなに大きくて複雑なストーリーを描いたんだからな。でもすごくよく出来てたと思うし、オレは自分がこのアニメを見たことをマジで嬉しく思うよ。

オレはMALで10点をつけるよ、だってもっと多くの人に見てほしいからね。でも正直、実際は7点か8点かな。

オレはナツメが大好きだ、彼女は今期のオレのベストガール。そしてデカダンスはオレの今期のベストアニメとしてリゼロとタイだね。

デカダンスを見てリゼロを見る、っていうオレの水曜夜の慣習が終わった 😭😭😭😭

このアニメが恋しくなるよ。間違いなくオレのお気に入りの一つ。

17 COMMENTS

匿名

あの作画と声優とキャラクターならもっと盛り上がる話作れただろ。2クール匂わせる終わりかたしとけば良かったのに。

返信する
匿名

タンカー達には、生き地獄のままなのに…ナツメがサイボーグ達とイエーイ!
それで、いいのか?ショック受けていたのはポーズか?ナツメwww
変なまとめ方にワロタw

返信する
匿名

生き地獄って…
サイボーグたちとの共存による意識共有、ガドルの脅威もなくなってるのに、何を見てたんだ?
しかも3年後だぞ。それまでに色々あったに決まってるだろ
なんでこういう奴らって、作品を考察もせず見るの?もう萌えアニメだけ見てたら(;^_^A

返信する
匿名

演出意図が読めてないな
語られてない部分だから明確な答えはないけどだからそこ想像にお任せしますってことだろ?
まずナツメがコーディネーターの仕事をしてるってことはナツメというバグは運営に認められたということで
その上で人間たちの世界はガドルに脅かされるFPS的世界からほのぼのSLG的世界に変革した訳
そこにどういう答えを見出すかは受け手次第だけど個人的にはあえてネガティブな未来を想像する必要はないと思うけどね

返信する
匿名

なんつか「だから?」感すげえわ
おおむね評価高いみたいだからズレ感じる

返信する
匿名

結局、人間たちがサイボーグたちのゲームの
道具であることは変わらずじまい。ゲームの内容が
殺戮から平和なほのぼの系に変わったのは良かった
けど、それで本当にハッピーエンドといえるの
かな・・?気持ちいい終わり方ではあったんだけど、
ちょっと複雑な気もしなくもない。

返信する
匿名

システムとカブラギの対話とか、ドナテロがタンカー部隊を誘いに行った件とか、クレナイ対ドナテロでサイボーグがクレナイラブの横断幕掲げていたりとか、関係性が変化している事、していく事を示唆する描写は幾らであるし、たった三年で何もかもが変わってハッピーなんて話こそ、御都合主義なハッピーエンドやろ

返信する
匿名

無理矢理ハッピーエンドとか言われてもな
だいたいは伏線張ってるし予定通りのハッピーエンドとしか

返信する
匿名

最後にハッピーエンドで締めたの見て
この監督脚本家スタジオは信頼できるなと思った
駆け足だったのは事実。企画段階だともっとほかのキャラが活躍したんだろうな
16話くらいあったら完成度上がっただろうなと思う

返信する
 

バックアップだけで復活できるってのがちょっと浅いかな、それだったらサイボーグ全員バックアプしとけばいいだけだしね。 本来、記憶はバックアップできても魂的なものは無理で復活不可だけど、カブラギの場合、リミッター解除で意識までデカダンス側に残った状態のままで崩壊して、運よくデカダンス側中枢からサルベージだった!ぐらいのレアケースにしとくべきだろうな

返信する
匿名

圧政者である体制を打倒することが至上の命題なんて価値観は20世紀でとっくに死んだことを強く感じる

返信する
匿名

ラストまで見て文句言ってる奴って随分と無駄な時間を過ごしてんなぁ…
見始めたアニメも完走するのは半分と無いし最後まで見たのはみんな面白かったよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。