アニメ『魔女の旅々』12話(最終話)に対する海外の反応「タイトル回収だ」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。 今回は、アニメ『魔女の旅々』12話に対する海外の反応をご紹介します。

白石定規が2014年にAmazon Kindleにて自費出版した作品が原作です。魔法が存在する中世のような世界で魔女イレイナが旅をするストーリー。

12話「ありとあらゆるありふれた灰の魔女の物語」のあらすじ

「あなたの願いを叶える国」と書かれた門を潜ったイレイナは、 見知った城の中で眼鏡をかけたもうひとりの自分に出会う。 そこには性格が異なる何人ものイレイナが存在した。 イレイナの願いとはいったい何なのか?

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

アニメ『魔女の旅々』12話に対する海外の反応

俺が12話まで見られたことが信じられない。可能性を秘めていたのに、ただひたすら平坦になってしまった。彼女(イレイナ)の自己中心的な性格が許せない。ただ評価を下げれば良いのだけれど、まあいいや。もしシーズン2/OVAが発表されたら、自分を苦しめて見るかもしれない。

シリーズの面白い終わり方。そして最後のクールなタイトル回収。

さて、実は最終回で何があったのか分からなかったのですが、イレイナは本当にたくさんいるの?それともただの夢なのか?そうでないとしたら、一つの宇宙にたくさんのイレイナが存在しているのか?それとも、他の可能性を知りたくて、そのイレイナを作ったのが自分自身であるという「願いが叶う国」に行ったのか?
頭の悪い質問かもしれないですね。私の理解力に大きな問題があることを認めておきますw

「魔女の旅々」2期お願いします!
もうすぐライトノベルを読むつもりですが、その前に2期の発表があったら最高ですね。

このアニメは何と言っていいかわからない。悪くはなかったが、それほど良くもなかった。序盤のエピソードが最高だったので、期待値が高すぎたのかもしれません。中盤に差し掛かってからは下り坂になってしまった。しかし、それはそれで楽しんだので、エピソードアニメ(1話完結型)であるにもかかわらず、各エピソードの質が一貫していないからといって、このシリーズを非難するつもりはない。
最終話は、サヤがいたらエクスタシーに浸っていただろう。そして、本渡楓(イレイナの声優)が終始独り言を言っていたのは、笑えました。そして、タイトル回収ね。最後は2期のティーザーかな? 素晴らしいシリーズのフィナーレ。もしこのアニメの2期が出るのであれば、十分なほど安定した質であることを願っています。

なんか変なコンセプトだな。「魔女の旅々」を好きになるべきなのか嫌いになるべきなのかわからない…。

「魔女の旅々」を所々見ていたから、いくつかのエピソードを見逃してしまいました。暴力的なイレイナはどのエピソードのことを言っていましたか?そのエピソードを見たいです!

「魔女の旅々」が終わってしまった今、人々はエッジの効いたものよりも第11話を思い出すだろう。

このアニメが大好きでした。私にとっては8/10。

うわー。このエピソードでは、魔女がどれだけ強力なのかが、よくわかったね。まあ、とにかくイレイナがどれだけ強力なのか。エレイナがどのように自分自身と向き合わなければならなかったのか、そして彼女がしてきた多くの選択と、しなかった選択についての素晴らしいエピソードでした。

このエピソードはファッキン・スゴイですね(笑)。イレイナが「個性がない」と嫌っている人たちをあざ笑っていたような気がします。最後のシーズン2のティザーは最高でした。

堅実なシリーズで、いくつかの本当に良いエピソード(今回のような)がありましたが、私にはあまりピンとこなかったものもありました。イレイナは素晴らしい主人公であり、このシリーズの最大の魅力でもありましたが、ストーリーは少し平坦なものも…アニメーションはかなり良かったと思う。全体的には10点満点中7点。

誰か結末を説明してくれないか?

ライトノベルの4巻を読んでもらうための設定か、2期の可能性がある設定か。

ああ、素晴らしいアニメの最後を締めくくる美しいエピソード。おそらく今シーズンの中で一番好きな作品だ。進撃の巨人を除いてね。深くなりすぎず、説教的になりすぎず、全ての要素を兼ね備えているのが素晴らしい。雰囲気の良いアニメ。

これはイレイナの16の人格が分裂したってことじゃないかな

イレイナが自分の母親がニケだったことを知らないなんて未だに信じられないわ(笑)。それとも、彼女はそれを受け入れることを拒否しているだけなのでしょうか?最終回ではその部分が理解できなかった。

17 COMMENTS

匿名

話ごとに当たりハズレの回があり、最終話も微妙だった
イレイナちゃんのキャラデザで、もってる感じ。

返信する
匿名

個人的に序盤は微妙だったけど中盤以降尻上がりに良くなって来た感じ
2期も見てみたい

返信する
匿名

翻訳がアレなのかはわからんけど、理解力の足らない人多いよね
劇中で語られた事をわざわざ質問したり

返信する
匿名

最後の話は説明が足りないというかバックグラウンドを知ってるのと知らないのとでだいぶ変わると思う
実は悪魔が魔女の魂を食うために各世界線のイレイナさんを誘い込んでいたことなんて描写なかったら分からないし

返信する
匿名

描写が無いということは、アニメでの世界はそういう世界では無いということだよ。

返信する
匿名

描写が無かったらといって、その事象が存在しないとは限らない
逆に描写があっても、その描写は登場人物の認知が歪んでいた結果、誤解とか誤認識が描写されただけかもしれない
あらゆる事象は必ず作中で描写され、描写されないものは存在しない、とか
描写された事象は全て真実である、とか
そういう風に感じるあなたは素直だけど騙されやすい人なので、リアルでは詐欺とか宗教に気を付けてね

返信する
匿名

作る側の見せようとしてる話は一つなんだからちゃんとその通りに伝わるように描写されてるはずでしょ
観る側がいろいろ補完しながら楽しむのは自由だけどそれはあくまで想像でしかないから
それが作者の意図と同じかなんてわからない
「その描写は登場人物の認知が歪んでいた結果、誤解とか誤認識が描写されただけ」だとしたら
登場人物がそういう状態であるということがわかる描写があるはず
じゃないと観る人によって別の話になっちゃうし

そういう意味では
「描写が無いということは、アニメでの世界はそういう世界では無い」
ってのも一理あると思うけどね
あとアニメの観方から人格を決めつけるのはどうかと思う

返信する
匿名

肝心なところをバッサリ削ったから、なんだかわけわからん感じになったね
たんに本を書くというオチのためだけにこんなめんどくさい話にしたのか、と思った

返信する
匿名

来月には忘れてそうなアニメだった。
絵は綺麗だったような気がするんだけど

返信する
匿名

主人公のイレイナがタイムトラベルうを体験していないことに驚いた
あの殺人鬼と出会ったのは粗暴なイレイナだけだったとは
となると全てのエピソードがつながっているわけではなく
魔女の旅々とはパラレルなイレイナの経験を一つにまとめたものなの?

返信する
匿名

原作の主人公イレイナはタイムトラベルを経験していないが
アニメの主人公イレイナはタイムトラベルを経験している(ただし粗暴イレイナと違って最悪の状況は免れていると思われる)

返信する
匿名

原作のイレイナはタイムトラベル体験してないけど、アニメ版はしてます…ちゃんと本人が言ってますよ
『魔女の旅々(原作)』という作品自体は色々なイレイナたちの旅をまとめた本で合ってます(時系列がバラバラなのはその所為)
ただしアニメは全て『主人公のイレイナ』の旅として制作していると思われます

返信する
匿名

 イレイナ役に何人の声優が使われたのかと思って見ていたけど、全て本渡楓が一人でやっていた。声優の凄さを実感した。

返信する
匿名

絵もとてもきれいだったし、動きも良かった。キャラも声優も魅力的
だった。

全体の話の構成だけが、アニメだけ見てる者としては分かりにくく、今一つ
かなと思った。
それと前の話の箱は結局、何だったのかな??  それが分かると思ったのに. . . .
なぜか違ういろんな経験をした、イレイナの話になったのがあれ?と思った。

返信する
匿名

原作良し、作画良し、演者良し、美術良し
悪かったのは監督と脚本構成なのでこいつらだけクビにして二期をやってほしい

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。