fbpx
LINE公式アカウントはじめました!週に一度にまとめ記事を配信します!

映画『ドラゴンボール超ブロリー』公開に対する海外の反応「映画館の前でキャンプするつもり。」

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、『ドラゴンボール超 ブロリー』の海外の反応をご紹介します。今や世界で知らない人はいないほど、大人気の『ドラゴンボール』シリーズですが、果たして外国人の方は、今回の劇場版アニメにどういった反応を示すのでしょうか。

YouTubeから海外コメントをいくつかピックアップしましたので、ご紹介します。

『ドラゴンボール超ブロリー』とは

『ドラゴンボール超 ブロリー』は『ドラゴンボール』シリーズの第20作目の劇場公開アニメーション映画作品です。日本では昨年12月14日から全国公開されていますが、アメリカでは1月16日公開となり、興奮度が高まっています。米アニメニュースサイト(ANIME NEWS NETWORK)によると、全米で初めての日本アニメによるIMAX作品になるとのこと。これは意外ですね。

前作の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』より3年ぶりとなる劇場公開作品となり、『ドラゴンボール超』としては初めての劇場版作品です。物語は2018年3月まで放送されたテレビアニメ版『ドラゴンボール超』の続編の扱いで、原作者の鳥山明氏がキャラクターデザインと脚本を務めます。監督はテレビアニメ版『ドラゴンボール超』のシリーズディレクターを務めた長峯達也氏、作画監督は新谷直大氏です。鳥山明氏の絵に寄せることと、現代らしい新しさを加えるため、キャラクターと背景は今までと担当者を変えています。

本作のブロリーは昔のイメージを意識しつつ、新しい一面も加えてリニューアルされており、悟空、ベジータ、ブロリーの出会いから戦いまでが新たに描かれ、フリーザ軍とサイヤ人の歴史、サイヤ人のバックボーンも描かれています。今作品について鳥山明氏は、過去にデザインだけ描いたブロリーのことはすっかり忘れていたが、今度の敵は未だに日本だけでなく海外でも人気があるブロリーにしたらどうかと担当者に提案され、当時の劇場版を見返したところ、アレンジ次第ではかなり面白くなると感じ、『超』のシリーズに取り込んで話を作ったと語っています。

『ドラゴンボール超 ブロリー』の海外の反応

  • この映画がドラゴンボールで1番の作品になると思うやついる?
  • ナルトよりはよさそうだな
  • 映画館の前でキャンプするつもりです・・・
  • ブロリーのパワーアップは伝説級だからな~(・∀・)
  • もう10回以上繰り返し見てる
  • 字幕版は英語吹き替え版の何倍もいいな!
  • この映画は俺が今までに見たアニメーションの中で1番の作品になるな
  • この映画はすべてのドラゴンボールの映画の中で最も美しい作品にならなければいけない。熱気も残虐性も驚異的だ。
  • 俺はモナカが最強だと思ってる・・・ブロリーは彼と戦わなければいけないだろう・・・
  • 映画は既に公開されてるのに、まだこのトレイラーを見に来てる人がいるな
  • やっぱり英語吹き替え版より日本語のほうがいいな。ブロリーの声がソフトでいい感じだ。
  • これはドラゴンボールの中で最高の映画になるな!
  • 英語吹き替え見たからこっちも見に来た

  • これは最高にクールだし、みんなはモナカがまだ全力を出してないことを覚えておいたほうがいい
  • 俺はブロリーのために金を払う
  • この映画は限界を超えてる・・・
  • もしフィリピンで公開されたら見に行きたいなぁ
  • ジレンはきっとブロリーより強いだろう
  • 映画を見れば ”伝説のスーパーサイヤ人” の本当の意味がわかる
  • ブロリーを映画で見れるなんて嬉しいねえヾ(〃^∇^)ノ
  • ブロリーの映画の後も、ドラゴンボールシリーズが続いていくのが待ちきれないよ
  • 彼は戦うことを望んでいないから戦わない!
  • ブロリーはZ戦士であることが確認できる
  • このトレイラー見たらわかるけど、この映画は始まる前から大作だった
  • う~んやっぱり英語よりも日本語のほうがいいな。キャラクターの声と会話が日本語のほうがマッチしてる。
  • 悟空とベジータとブロリーが一堂に会するなんて・・・うれしくて泣けてくる・・・
  • この映画を本当に愛してる。至高であり最高。
  • このアニメは最高にクールだよな♪

YouTubeの海外の反応は?

うどんくん

アメリカ公開後のレビューも取り上げたいと思います

14 Comments

Avatar 匿名

良い映画なんだけど公開前トレーラーでネタバレしまくってるのが最大の糞なんだよなぁ・・・

広告が大事なのは分かるけど
そのために客の満足度を犠牲にするのはホント糞

返信する
Avatar 匿名

俺はネタバレ知ってても普通に楽しめたぞ
別に「衝撃のラスト!」とかが見どころの映画じゃないし
ゴジータに関してはPV公開の前に試写会組がネタバレしまくってたしな

返信する
Avatar 匿名

鳥山明本人が脚本書いてるからか思った以上に名作だったなこれ
鳥山明の才能はまだ枯れていなかったということか

返信する
Avatar 匿名

前回の「復活のF」はアメリカでは2週間の限定公開だったけど、今回はどうなんだろ?
シアター数は最高で913、グロスは$8,008,363だった。
このシアター数と2週間の公開期間では大した結果だ

既に公開されている国では公開シアター数が少ない割りにヒットしているそうだ。

返信する
Avatar 匿名

とりあえずドロリーみたいな糞にならずに済んで良かった。あれを見てからブロリーも終わったなと思ってたが今回の映画でブロリーの知名度がV字回復出来たのは喜ばしい。設定がかなり変わっていたが良作と言っても差し支えない出来だったと思っている。

返信する
Avatar 名無し

これはほんとに頑張ってくれたと思う
島田さんの叫び最高だし、戦闘シーンは中毒性があるし登場人物絞ったお陰で前半の流れもシンプルにまとまってて分かりやすい

返信する
Avatar 匿名

興業的には多分成功かも知れないけど基本戦闘シーンだらけでシナリオはあまり練られてないよね(海外には受けがいいかもしれないが)
だから初見で観る人は恐らく全く意味が解らないと思う
この映画観る人はドラゴンボール超を観ないと感情移入はしにくいだろうね
鳥山明さんもコレが限界なのかなぁちょっと残念だった
この映画が嫌いではないけどね

返信する
Avatar 匿名

いや、逆にシナリオ練りすぎて削ってるらしいけど
時間に収まらないという問題で
初見にも優しく、わざわざ悟空達が生まれた頃からはじまってんだし

返信する
Avatar 匿名

海外どうなってんだろと気になってた!
公開後の反応もよろしくお願いしまっす!

返信する
Avatar 匿名

DB超を見てなくて事前知識はGTぐらいまでだったけど
めちゃくちゃ楽しめたよ
これで鳥山枯れたな…と言っちゃうのは他のDB映画観てないか、そもそも
戦闘シーンばっかと言う時点でDBを分かってない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。