『ドラゴンボール超 ブロリー』の海外の反応と評価「心が揺さぶられるとはこのこと。」

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、『ドラゴンボール超 ブロリー』の公開後の海外の反応をご紹介します。日本では初公開から3日間で興行収入を10億円を突破する好調なスタートを切りましたが、果たして海外ではどのような評価を受けたのでしょうか。ちなみにアメリカでは1月16日に公開。初日で興行収入7億円を記録し、全米初登場1位を獲得するなど、話題を呼びました。

テレビドラマ、アニメ、ゲームを中心にデータベース化してまとめるIMDb、メタスコアを使用し作品のレビューを掲載するMetacriticからそれぞれ評価をピックアップしました。

映画『ドラゴンボール超ブロリー』公開に対する海外の反応「映画館の前でキャンプするつもり。」

『ドラゴンボール超 ブロリー』の作品情報

知らない方はいないでしょう、あの鳥山明氏 原作のアニメ「ドラゴンボール」シリーズの最新作。2015から3年間放送されたアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」の続編の立ち位置で映画化されました。2015年の劇場版「ドラゴンボールZ 復活の『F』」から、鳥山明氏が再度始動!原作・脚本・キャラクターデザイン、全てを担当したことでも話題となっています。

初公開: 2019年1月16日 (アメリカ合衆国)
監督: 長峯達也
音楽: 住友 紀人
映画シリーズ: Dragon Ball
キャスト: 野沢 雅子、 久川 綾、 島田 敏、 黒崎一護(森田成一)、 堀川 りょう、 中尾隆聖、 宝亀 克寿、 山寺宏一、 草尾 毅、 古川 登志夫

via:IMDbMetacritic

『ドラゴンボール超 ブロリー』のメタスコア 64点

IGN 85点
『ドラゴンボール超 ブロリー』は素晴らしいアクションを届けてくれた。また、それだけでなく悟空・ベジータ・ブロリーを使って、1980年後半から1990年初頭の「ドラゴンボール」全盛期時代へつなぎ合わせてくれた。ユーモアのある映画で、最後まで心を掴んで想像上の世界から引き離さなかった。
Los Angeles Times 70点
『ドラゴンボール超 ブロリー』は「ドラゴンボール」ファンが待ち望んでいた通りのものを正確に届けた。「ドラゴンボール」新参者にとっては、この映画が行き場を失った産物だと気付くかもしれない。
Movie Nation 38点
ときどき、映画でよくあることだが「何か」を挑戦してみたくなる発表会となる。だが、それは今ではない。これはジャンクカルチャーの深い森に迷い込んだ熱狂者ではない人なら、すぐに忘れられる作品だ。

『ドラゴンボール超 ブロリー』のユーザーレビュー

  • 10/10 ただ素晴らしい
    「ドラゴンボール」をみたアニメ愛好家はこの映画を必ず見るべき!
  • 10/10 すげぇ
    劇場版「ドラゴンボール」で最高のファイトシーンとエフェクト。心が揺さぶられるとはこのことを言う。
  • 10/10 この叫び声を聞け!「ドラゴンボール超 ブロリー」に全部詰まってる
    これまでたくさんの「ドラゴンボール」の映画を楽しんでいたが、本物の映画のように感じた最初の映画がこれだ。すべてではないにしても、多くの人がアニメの長いエピソードをうまく繋ぎ合わせて作ったように感じただろう。しかし、この映画は予想を遥かに超えている。キャラクターとその感情はより詳細に具現化されていて、テレビDBシリーズから新しく追加されたバックストーリーはこの映画をより良く見せる。DBシリーズが好きなら、この絶対に素晴らしい傑作を見ることを強く勧める。
  • 5/10 最高とは言い難い
    まず最初にこれは「ドラゴンボールZ」の映画ではないから、「ドラゴンボールZ」を期待して見に行ってはいけない。よく言っても普通。『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が好きだったなら、この映画も好きになれるはずだ。もし、私みたいに『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が気に入ったわけでもないのなら、大きな失望になるだろう。この映画は「ドラゴンボールZ」ではない。「ドラゴンボール超」である。

  • 10/10 痺れるほど最高
    何も言うことのないアクション、ストーリー、ヴィジュアルエフェクト。DBシリーズはまた作って欲しいと思わせるそんな作品。
  • 10/10 スーパー
    見事なアニメーション、練りに練られた物語、気持ちの良いエンディング。これこそ、その名の通り「ドラゴンボール超(スーパー)」だ。
  • 10/10 90年代以来の素晴らしい「ドラゴンボール」が帰ってきた
    私は20年以上前からDRAGON BALLを見てきた、DBの大ファンであり、私はこのシリーズに非常に批判的な立場だ。そんな私が言う。この映画は、インクレディブル(信じられない)だ。とても繊細なCGシーン、フルパワーのぶつかり合い。正直なところ、この映画を8点以下で評価しているやつは、DBをただ単純に嫌いなだけか、釣りだろう。

うどんくん

随時レビュー追加していきますー

20 Comments

Avatar 匿名

こういう奴は文句を言うためだけに見に行ってるんだろう
中割りを抜き出して「作画酷いぞー!」とか言い出す奴もそうだけど、粗探しに必死で純粋に作品を楽しめないんだと思う

返信する
Avatar とある日本さん

批評家のレビューなんかよりファンの満足感の方が大事だから問題なし

返信する
Avatar

今回の評論サイトは作画より脚本に比重が置いてるんだろ
超作画だけど妥当だろ脚本は凡

返信する
Avatar 匿名

評論サイトの内容は三者三様だけど
どれもが視点の違いはあれど正しいと思うよ
しいていうならMovie Nationは物言いの仕方に視野の狭さが出てる
個人的な尺度しか持たないのはやや子供じみてるね

とりあえずこの映画はファン向けという意味なら90点以上は上げられる
過去編はそれこそ大人になった視聴者にこそ刺さるだろうし
残りのアクションだらけなのも需要と一致してて、勘違いした作りになってない
個人的なマイナスポイントは一部の戦闘BGMが笑ってしまうダサさいとこくらいかな

返信する
Avatar 名無しさん

「・・・ジャンクカルチャーの深い森に迷い込んだ熱狂者ではない人なら、すぐに忘れられる作品だ。・・・」38点という最悪の評価だ。これがマンガ・日本アニメオタク以外のまともな映画ファンの評価なんだと思う。全米の公開日たった1日の興行収入で日本アニメがいかにマイナーのジャンルかがわかるってもんだ。ハリウッドアニメが各年齢層に、映画館に足を運ばせるものなのに、かたや、オタクしかいかない日本アニメのレベルの低さが、興行収入に表れる。1000万ドルいくかな?

返信する
Avatar 匿名

そもそもドラゴンボールファン向け映画に対して的外れなレビューだし
ハリウッドアニメ(ピクサーの事か?)みたいな公開規模もターゲット層も違うものと比較するのもずれている

返信する
Avatar 匿名

日本のマンガ・アニメファン以外にはあのとてつもない熱量の神作画が分からないの?
なるほど、まともな映画ファンって見る目ないんだなwww

返信する
Avatar 匿名

既にアメリカで2000万ドル行ってるよ。
全世界で1億ドル越えるのほぼ確実。

もちろん、ハリウット映画のブロックバスターに比べれば小さいもんだけどね。

返信する
Avatar 匿名

お前はどこを見ていたんだ…がっかりだよ
そもそも鳥山のすごさは今の漫画的技法を完成させたところにあって、
脚本家好みの複雑なストーリーラインではないよ

それをテレビや映画で再現してきたのが東映のアニメーターだった
長い時間がたって喪われたノウハウやテクニシャンもいただろう、
それを今回のブロリーでは見事に取り戻したんだ
そういう所を何も見ないで自分の知ってる文脈だけで見るのは危険だよ

インド映画見てもフランスの難解な映画と同じノリで見るの?
バックボーンも同じ扱いで見るということでいいのね?
やっぱ見る目無いと思うわ

返信する
Avatar 匿名

高尚で難解な映画ではないからな
アニメだし、この手の批評家はジブリとかアカデミー賞とるような社会性のある作品を好むだろうけど。トランスフォーマーとかマーベルとかは別のジャンルと言っていいと思う

返信する
Avatar 匿名

Movie Nationよ
レストランの料理のように批評すること自体がズレてるの
ドラゴンボールの映画なんてお祭りの屋台飯みたいなものなんだから
味や盛り付けだけじゃなく、お祭り楽しいねっていう味なんだよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。