ボンズ制作アニメ『キャロル&チューズデイ』のPVに対する海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、2019年春アニメから『キャロル&チューズデイ』の海外の反応をご紹介します。

『キャロル&チューズデイ』は、アニメ制作会社ボンズ(BONES)とあの渡辺 信一郎氏がタッグを組んだオリジナルテレビアニメです。

渡辺 信一郎氏と言えば、1998年に放送「カウボーイビバップ」や「サムライチャンプルー」「坂道のアポロン」が代表作として挙げられます。ただ何と言っても、海外のコアなアニメファンは知らない人はいない「カウボーイビバップ」を手掛けたとあって、その知名度は折り紙付きです。

舞台は地球ではなく、火星。新しい環境、そしてフロンティアである火星に人類が移住して50年が経とうとするする中、ミュージシャンを目指す二人がいた…。その名はキャロルとチューズデイ。環境も容姿も違う二人が奏でる音楽が時代を変えようとしていた。

True Colorsアニメ『キャロル&チューズデイ』第1話「True Colors」の海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

2019年春放送アニメ『キャロル&チューズデイ』のPVが公開される!

『キャロル&チューズデイ』は、AIが普及するこの世の中、二人の少女を描いたとてもノスタルジックな作品。

制作には「スペース☆ダンディ」以来の渡辺信一郎監督とアニメーション制作ボンズの最強タッグ。キャラクター原案には窪之内英策さん。知る人ぞ知る日清カップヌードルのHUNGRY DAYSの広告キャラクターを担当。ストーリー執筆にはテレビ小説「カーネーション」、映画「ジョゼと虎と魚たち」を書き下ろした渡辺あや。アニメの脚本は初挑戦とあって期待は高まる。音楽制作には「魔女使いの嫁」「マクロス」シリーズでヒット曲を手がけたフライングドッグ。

豪華スタッフでお届けする新アニメは海外ファンの興奮もおさまらない。早速、海外からも多くの声が届いているので一部紹介しよう。

アニメ『キャロル&チューズデイ』放送に対する海外の反応

  • アニメの構想:
    キャロル&チューズデイの予告編人々が稼いに移住して約50年が経つ。この頃、物がテクノロジーで提供されているので人々の消費量はとても高い。首都アルバシティに住む女の子キャロル。彼女は夢であるミュージシャンを目指しながら一生懸命に働く。しかし、いつも何か足りないと感じている。
    方や地方都市ハーシェルシティにはチューズデイという女の子が住む。裕福な家庭で育ち彼女もまたミュージシャンを目指していた。しかし音楽はすでにコンピューターで作られる時代。誰にもその思いを理解してもらえず。彼女は世界でいちばん孤独だと思っていた。その二人は偶然出会うことになる。
    歌いたい。音楽を作りたい。その思いは止まらなかった。そしていつかチャンスが訪れる。
  • みなさんご一緒に「渡辺信一郎監督とボンズを信じます。」
    • それは恥ずかしいので勘弁だけど…渡辺慎一郎はラブ、渡辺慎一郎は人生
  • あと声優陣も一流勢揃いだね
  • このアニメのサントラにやられた。すでにボーカルと方向性に惚れた。美しい!
  • すでに今期のアニメとしてのヒットが見える件。
  • 鼻歌がすでに他の曲に勝ってる。
  • 全てが華麗だよ!これは映画なの?題名を探してるのでお手伝いお願いします。
  • カウボーイビバップやサムライチャンプルーでお馴染みの渡辺信一郎のオリジナルアニメだよ。キャロルとチューズデイです。どうぞ、よろしく。
  • 神谷浩史の声が聞こえた。思わず叫んだ。

  • 予告編を見て感じた。今期のベストになる。(進撃の巨人、フルーツバスケット、文豪、ワンパンマン2と良い勝負)今気づいたよ。監督が渡辺信一郎だからベストだと信じてる。
  • ドレッドの女の子を見るととてつもなく嬉しいね。構成も楽しいそうだし泣きそうなくらい美しい声。もし、もしこれがカウボーイビバップの世界に入ってたら?幸せすぎて死ぬね
  • ナナにカウボーイビバップが会う印象を受けた。
  • キャロル&チューズデイが楽しみでしょうがない!
    スタジオボンズありがとう!

    • 君のコメントを読んでアニメに出る人物がキャロルで火曜日に放送されると勘違い。笑。何はともあれ教えてくれてありがとうございます
  • マジで!!!鼻歌に惚れた!!
  • 華麗な鼻歌に鳥肌がたった。すばらしい。これは間違いなく最高なアニメになるね。
    • おなぁぁぁぁじく。誓うよ。あのハーモニーを聞いた瞬間、溶けそうになった。早速みたいと思った。
  • 黒人女性もいる(たぶん)!すでに釘付けだ!
  • すごく楽しみ。アニメーションはすばらしいし音楽も最高。小麦色の肌の女の子(キャロル?)の声とデザインが本当に気に入った。二人の主人公の内、彼女ほうを好きになる。

「カウボーイビバップ」の伝説のオープニングがこちら

うどんくん

春アニメ本当にラインナップがすごいなぁ
鬼滅の刃外国人さん「ufotable社、梶浦由記…文句なし」『鬼滅の刃』が遂にアニメ化決定!海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

21 COMMENTS

Avatar 匿名

外国人は好きだろこういうの

ファッション感覚で多様性に媚びようとした結果、逆にマイノリティ活動家に重箱の隅に火を着けられて炎上しそうな雰囲気が出てる

返信する
Avatar 匿名

びっくりするぐらいクソ野郎のコメントだな。
一瞬で軽蔑したわ。
生きてて楽しいか?

返信する
Avatar 匿名

スペース☆ダンディは海外に媚びまくった印象
日本では散々だったが実際向こうの配信で稼いだみたいだし
今回もそうなるだろうと思う

返信する
Avatar 匿名

スペース☆ダンディが海外に媚びたというか、あれはカウボーイビバップ以来のこの監督の作風だからな
いたるところにアメリカ的なかっこよさ、特に黒人音楽への傾倒みたいのがみられる
それらを媚びと解釈するのはあまりに浅い
趣味が合わない、というくらいなら解るけど

返信する
Avatar 名無し

作画枚数が通常4000~5000枚ところ8000枚でだってさ、気合いの入れようがやばい。歌場面はプロの歌手採用してるし覇権あると思う。

返信する
Avatar 匿名

渡辺信一郎はサムライチャンプルーがピークでそれ以降はパッとしない
窪之内英策はバブル時代の一発屋
期待薄だな

返信する
Avatar 匿名

映画ドラマでミュージカル形式やられた時のあの気持ちの悪さがなければいいんだけど。
好きな人は好きみたいだけど自分は全然受け付けない。
どう説明したものかと思ってたけど、ちょうどアニメのワンピでビッグマム編やってたなw

返信する
Avatar 匿名

声優の歌声嫌いだけどすごいじゃんと思ったら声優とは違う人が歌ってるわけね。
日清のキャラデザってキモイことで有名だよな。

返信する
Avatar 匿名

ビバップだけって、アポロンも良かっただろ何言ってんだ…
間違いなく自分には刺さる作品だし期待してる
オタクアニメしか受け付けないような、浅い感性のジャップは見なくていいぞ

返信する
Avatar 匿名

評論家様の多いこと多いこと…
せっかく楽しみにしてたのに水差しやがって
こういう輩って作品が成功しても黙り込むだけで反省すらしないからタチ悪いんだよなぁ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。