fbpx
LINE公式アカウントはじめました!週に一度にまとめ記事を配信します!

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』第1話「灰かぶりの少女」の海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、2019年春アニメより『Fairy gone フェアリーゴーン』第1話「灰かぶりの少女」の海外の反応をご紹介します。

『Fairy gone フェアリーゴーン』は、P.A.WORKS制作、「ジョジョの奇妙な冒険」でディレクターを務めた鈴木健一氏が監督を担うオリジナルアニメです。

かつて妖精は、”兵器”だった――。
この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す、妖精が存在していた。妖精が憑依した動物の臓器を摘出し人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を終え、行き場を失う。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに。それぞれの生きる道を選択する。

via: MyAnimeList, Reddit

アニメ『鬼滅の刃』第1話「残酷」の海外の反応をまとめました!【2019年春アニメ】

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』第1話「灰かぶりの少女」のあらすじ

大戦が終わり9年。マーリヤ・ノエルは違法に妖精を取引するオークションで幼なじみ、ヴェロニカ・ソーンと再会する。だが彼女は、二人の故郷を焼いた男への復讐者となり果てていた。潜入捜査していた違法妖精取締機関『ドロテア』のフリー・アンダーバーと戦うヴェロニカを、マーリヤは止めようとするも…。

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』第1話「灰かぶりの少女」の海外の反応

  • とても良いオープニングでとても気に入りました。このエピソードは魔法と神業を混ぜたようなな要素があり、かなりおもしろかったと思います。プロダクションの質も良いし、サウンドトラックも気に入りました。ヴェロニカのどこからともなく攻撃してくるところがタフで強い。それに彼女の悲劇的な過去も垣間見えました。このエピソードですでにたくさんのアクションシーンもあって、神ワザファンタジーアクションスリラ―なエピソードだと思います。私的にはとてもカッコいいエピソードでした。
  • フェアリーかペルソナか。
  • このオープニングめっちゃかっこいい!
  • あぁぁ!今までで最高のシーズンオープニングだ。今のところね。本編もいい感じだった。プロダクションも良さげだし、アクションシーンのサウンドトラックも私的にはかなり良い!特別どこが最高ってわけじゃないけど、すごくマッチしてた。未だにストーリーはどうなのかなって思ってるけど。でも今回の第一印象がすごく良かったから、これからも楽しみ!
  • うーん、ジョジョ立ちのお尻をひっこめた感じ?気にいった!ストーリー展開がどうなるかな。P.A.Worksはオリジナル作品をかなり壊す可能性もあるしね。

  • ストーリーの筋道がかなりわかりずらいな。まず二人の女性の主人公が過去のフラッシュバックシーンから始まって、すぐに現在のシーンで対決をする。そしてまたすぐに敵対するグループにそれぞれ所属する筋書き。この展開は最初のエピソードじゃなくてもう少し後のエピソードで起こるべきだよなぁ。でもオープニングは本当に素晴らしい。それにプロダクションの質には感動したよ。あと他の人のコメントにもあったけど、ペルソナを連想させるよね。
  • びっくりするくらい良かったよね。シーズンの途中で失敗しないといいな。
  • 最初のエピソードですでにP.A. Worksのアニメーションっぽさがすでに出てるね。嫌な予感がするけど、まぁもう少し待ってみよう。それに冒頭の「主人公は強烈な子供時代の友達を彼ら自身から救いだしたい」にはびっくりだよ。まぁ、これからどうなるか観てみよう。
  • そうだな、どこから始めよう…細かい時代設定も見せてくれるアニメが大好きなんだよね、すごい数のキャラクターの名前とか、地名とかそんな感じの。このアニメの背景はほんとに適当すぎ。え、なに、始まって二分しか見てないようなキャラクターのことに興味でも持つと思った?
    マジかよ、次のエピソードのタイトルに「妖精」なのに、この最低レベルのCGIを使うつもりかよ。全ての戦闘シーンも酷過ぎだったし。主人公の女の子なんてケツ痛いのかよって感じだし、幼馴染の友達なんて「みんな大っ嫌い!」なタイプでもう観れたもんじゃない。
    一瞬、だれも気にも留めないようなフラッシュバックがあって、次にまた戦闘シーンが始まる。一瞬のうちに主人公がポケモンを使って秘密結社に参加。そうだね、音楽と(時々)グラフィックが良かったし、プロダクションの質も高い。でも全体的に安っぽい。でも、ほら、熱狂的な女性の船乗りのキャラクターはすでにAOTY(アニメ・オブ・ザ・イヤー)決定だよ。

アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』オープニング映像がこちら!

6 Comments

Avatar 匿名

オークション会場での出会いが困惑させるような感じだったのは、本気で就職するつもりがなかったのを表現してるのかな。
ああいう演出ってともすると興を削ぐ結果になると思う。

返信する
Avatar 匿名

マーリヤとフリーの出会いの会話が変でそこでつまづいた。マーリヤは何のためにここにいたんだ?と。
それでも流れは分かる範疇だし妖精のデザインとかは良い感じ。背景が描写されるだろう次回以降に期待する。

返信する
Avatar 匿名

会話が無理矢理だから、きっついわぁ
各々好き勝手言ってるだけで、会話になってねーよ
もう少し脚本練らないと

返信する
Avatar  

俺は録画したやつ見てるから別に気にならんわ
アニメ映画並みに分かり易く作ってない作品だと録画機持ってないお前らは大変だよな

返信する
Avatar 名無し

姉妹の住んでいた村が襲われて泣き別れる
敵として再開し、重要なものを奪い合う

去年PAでそんな作品あったような

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。