fbpx
LINE公式アカウントはじめました!週に一度にまとめ記事を配信します!

何てことだ。アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU』4話の海外の反応まとめ!

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、SAOシリーズ アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』4話の海外の反応をご紹介します。

絶対に許さない。アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU』3話の海外の反応まとめ!

第4話「ダークテリトリー」のあらすじ

ダークテリトリーの暗黒騎士団を率いる騎士団長シャスターは、アドミニストレータが死んだことを機に、人界へ和平を持ち掛けようとしていた。しかしその試みは皇帝ベクタの暗黒界帰還によって打ち砕かれる。ベクタのアカウントを使って《アンダーワールド》にログインしたガブリエル。彼は《A.L.I.C.E》を見つけ出すため、闇の軍勢たちに向かって人界との全面戦争を指示する。

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 公式

via: Reddit

アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU』4話の海外の反応

  • 彼が若いころ、カマキリを殺そうとして、友達のアリシアにさえぎられているのを見た時、「こいつ友達にも同じことをしちゃうんじゃないか?」と思ったら、本当にやりやがった。なんて最悪なサイコパスだ。
  • アリシアは彼の「楽しい」時間を邪魔したんだから、終わりだと思ったね。
  • SAOはなんでこんなに、最悪なやつが出てくるんだ?子供の時から頭が狂っているなんて相当たちが悪い。
  • アリシアは彼のカマキリ殺しを邪魔した瞬間に死んだようなものだよ。でも、それよりも、あの若い彼の声、アルフォンス・エルリックに似ていないか?好きじゃないんだけど、全然好きじゃないんだけど。
  • SAOで子供の殺人が出てくるなんて予想してなかったよ。最悪だ。これから何が起こっても、リピアが死んだシーンより嫌なシーンはないだろうな。
  • 何てエピソードだ。ヒトラーが蘇って、魂食いの力を手に入れたみたいに思えたよ。
  • 彼が耳から刺した後、アリシアが震えているシーンが面白いとかじゃなくて気味が悪かった。
  • 彼の若い時が、ユージオに似ているのがどうしようもない。
  • 視聴者はみんな、経験したことのない気持ちを味わったね。ソウルイーターの気持ちだったよ。

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

  • ああ、もちろんだけど、あの悪いやつはただのサイコパスだよ…それに、なぜ、やつはあの可愛い女の子を殺さないといけなかったんだ?泣
  • 私たちが見てきたシリーズの中でも一番の悪役じゃないかな。あんなに小さい子供のときに、友人(少なくともそう見えた)を殺すなんて、悪役になるために生まれてきたとしか思えないね。
  • どこかで言ったかもしれないけれど、もっとビスクールとリピアそれぞれの人となりを見てみたかったな。ダークテリトリーで暮らしていて、和平を望んでいる人たちについて知ることはとっても楽しかったと思うんだ。
  • 騎士長とリピアが死亡フラグが立っているなと思ってはいたけれど、こんなに早いとは思わなかったよ。ガブリエルが生まれつきやばいやつだってことは分かったけれど、アリシアを殺した後何が起こったんだろうね。
    魂食い?この恐ろしいことはSAOの中では、オンライン上でしか起こらないものだろう?彼がアンダーワールドにいたから、リピアの魂を食ったということは理解できる。
    でも、記憶のフラッシュバックで見た、サンディエゴの郊外でアリシアの「魂」を食べたっているのはどうなんだろう。これは現実世界では異常なことだよね?
    それにどうやって、ガブリエルはアリシアの殺人罪を逃れたんだろう?
  • 「正直言うと彼女がどうやって死んだのか分からないんだ。森の中で…彼女行っちゃって、そしたらドライバーの上に倒れてたんだ」
  • ガブリエルは精神錯乱しているってことが良く分かったね。
  • ライトノベルでは、もっと詳しくかかれていたよ。彼は本当に天才で、すべてを計画していたんだ。彼女の死体を燃やしたから、誰にも見つからなかったと思う。
  • 子供には殺人の罪は法的にかからないんだよね?
  • 彼がやったってわからなければ裁かれないよ?子供の殺人は(私が知る限り)そんなに長い間拘留されないから、つかまっていたとしても彼は若い時に解放されたんだよ。
  • アリスとアリシアは両方、茅野 愛衣が声優をしているよ。
  • そんなに心配しなくても、アリシゼーションの続きで、ダークテリトリーにも何人か本当に良いキャラクターが出てくるよ。

アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」オープニングテーマ

9 Comments

Avatar    

いくらなんでも子供殺害シーンは、不快すぎる。。
サカギバラ思い出しちまっただろ。
こんなのは表現の自由でもなんでもねえ。少しは配慮して自主規制しろ。クソが。

返信する
Avatar   

はあ?言葉遣いが何だって?
まるで意味の無いつっこみだね。
そんな程度か。がっかりだよ。

返信する
Avatar 匿名

>アリシアは彼の「楽しい」時間を邪魔したんだから、終わりだと思ったね。

苦笑(^^;

>子供の時から頭が狂っているなんて相当たちが悪い。

残念ながら、(アニメの世界だけでなく)実際サイコパスといった類の人たちが一定の割合で存在するんだよね
すなわち、某アニメじゃないけど、生まれながらの「潜在犯」のような人たちがいる
「社会防衛上の見地」からそういう人たちに対してどう対応すべきか…その解がみつかっていないのが世界の現状

自らの異常性を自覚し、苦しんでいる人たちも少なからずいると思う
社会にとって危険じゃない発達障碍者の方も含めて、先天的に脳の一部が変質してしまっている人たち対して有効な治療薬が開発されないものだろうか
頭の良い方、頼みます

>彼の若い時が、ユージオに似ているのがどうしようもない
それな。私もそう感じた。キャラデザをもう少し工夫してほしかったわ

返信する
Avatar ななし

アルフォンスもガブリエル(子供)もどっちも釘宮だから似てて当然、てか同じ

返信する
Avatar 匿名

サイコパスは頭もよくて演技もうまいのが多いからなかなか看破するのは難しいよね

返信する
Avatar 匿名

サイコパスを英雄遺伝子と言い換える傾向が米国などではあるね

人殺しを嫌悪し恐怖する感情は中世も古代にもあったのではないか?
血や死体を恐れ、殺らねば殺られると思いながらも体が震えて動かず最期を迎えた人々
仮に人を殺して村を国を救い、家族を持っても安らぎを得られず、今で言うPTSDを発症した人

それとは逆に人殺しを何とも思わず幸せになり部下や子供にも戦果という名の人殺しを強要し出来ないものを叱責した人
歴史に残る英雄たちとはこのような人々、つまり今で言うサイコパスだったのではないか?という分析だ

変わったのは時代と世界の常識であり、現代ではサイコパスは必要とされなくなった。
ただし紛争地帯では未だに必須でもあると

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。