『SAO アリシゼーション WoU』11話に対する海外の反応「心を打たれた」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、SAOシリーズ アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』11話に対する海外の反応をご紹介します。

第11話「非情の選択」のあらすじ

アスナが《地形操作》で作り出した底なしの峡谷。
人界軍が待つ向こう岸にわたるべく、荒縄を橋代わりにして向かおうとする暗黒騎士と拳闘士たち。
これを好機と見たベルクーリは遊撃隊を率いて出撃する。
一方、現実世界のラース内部では、ガブリエル率いる米工作隊の一人・クリッターによって、奇妙な新規VRMMOの時限βテストが告知され……。

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 公式

引用:Reddit



アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU』11話に対する海外の反応

ついに、リズベットがシーズン1以来のSAOのメッセージを言葉にした。バーチャルワールドでの自分の人生に意味を見出すこと。人生を自分のものにすること。
そして、SAOサバイバーがほかのユーザーを見下しているなんていう風評を打ち破った。彼らはそんなこと思っていないし、彼らは無理やり投薬されたり、カウンセリングを受けさせられたり、政府から要監視人物として見られたりしている。それもすべて、ゲームをしただけのために。
リズベットのメッセージと、EDの流れ方に心を打たれた。
政府がSAOサバイバーを潜在的な大量殺人鬼だと思っていることも、興味深いと思った。確かにそうかもしれないけれど。GGOにもSAOにもキリトやアスナよりずっと悪いやつらがたくさんいるとは思う。
彼女が言ったように、私もそうではあるけれど、ほとんどすべての余暇の時間をゲームに費やしてきた人にとって、あのスピーチは素晴らしかったと思う。オンラインゲームを「現実世界」の経験としてみなし、ほかの人と楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、すべての感情を共有すること。オンラインゲームでの経験は、ゲームを必死でやった人にも、ゲームを少しやってみた人にも理解できるはずだ。
すごく共感できるセリフだったからこそ、リズベットの叫びは胸を打った。
SAOサバイバーがほかの人を見下しているなんて考えがあることすら知らなかった。
USA Tシャツをきたやつ、ものすごくアメリカ人って感じがした。
他の国の人たちが、アメリカ人に対して持っているステレオタイプを見ることができた気がして、正直とても面白かった。
推測:キリトはエピソード12の最後で、目を覚ますんじゃないか。それが一番いい、シーズンの終わり方だと思う。
「新しいVRMMOがある」なんていう甘い言葉に乗せられて、プレーを始めた愚かなアメリカ人になったらと思うとぞっとする。奴らは真っ二つに切られて、最悪、SAOサバイバーと同じように、精神的なトラウマを背負うことになる。
日本のサーバーでアメリカからプレーするんだから、タイムラグがあるんじゃないかと思うんだ。
どうしてあのシーンで、英語を話す声優を雇うことをしなかったんだろう。
アメリカ人たち、普通に自分のアミュスフィアを使っているのを見ても、アスナやキリトが感じているような特別なVRではなく、通常のVRだと思ってログインし始めたんだろうな。
いやいや、直葉の恰好、また、はだけすぎじゃないか。
直葉はいつもこんなもんでしょ?
シノンはもう準備ができて、悪いやつらを蹴っ飛ばしに行くように見える。
一方で、リズベットと仲間たちはすごく頑張っていたな。
直葉の足、最高。なんてセクシーな足。
数分しか経っていないのに、すごいな。彼女、キリトに全部のオレンジをスプーンであっという間に食べさせた。
まあそうだな、彼らは戦場にいるわけだし。ビタミンは彼らにとって大事だから、できるだけ早く食べないといけないから。
ビタミンはほとんど皮にあるんだよ!
(それにアンダーワールドでは、オレンジはああいう風に食べるのが当たり前なんだよ。)
ああいう風に食べているか見返してみないとわからなかったけれど、本当だね。

18 COMMENTS

匿名

>他の国の人たちが、アメリカ人に対して持っているステレオタイプを見ることができた気がして、正直とても面白かった。

私もあなたたちからみた「他の国の人たち」(日本人)だけど、「アメリカ人」は多様であると感じている
白人、黒人、アジア人…多様な人種と民族、多様な宗教、多様な価値観、そして深刻な経済格差(超富裕層と貧困層の差)
可能な限り、「ステレオタイプ」でみないよう努めたい

強いて言うなら、米個人一般ではなく米国人のプレイヤーに対する「ステレオタイプ」かな

>どうしてあのシーンで、英語を話す声優を雇うことをしなかったんだろう。

ほお~“英語力”のない私にはまったくわからなかったけど、この外国人さんが聞いた限りでは、要するに“下手”だったのかな

>ビタミンは彼らにとって大事だから、できるだけ早く食べないといけないから
>ビタミンはほとんど皮にあるんだよ!

あの世界にも「ビタミン」なるものがあり、フラクトライトたちはそれを摂取している?

返信する
匿名

本当は日本憎しで皆殺しだーって参加した韓国人プレイヤーだったのを
アニメスタッフがアメリカ人に改変したんだぜ?

返信する
匿名

原作ではアメリカ人プレイヤー参戦のあと、しばらくして韓国人プレイヤーが参戦するので原作通りだよ

返信する
匿名

どっかからネタバレだけ聞きかじってきたんだろうけど知ったかぶりするのみっともないよな
原作でもアメリカ人プレイヤーが先に参戦するんだわ

返信する
匿名

>日本のサーバーでアメリカからプレーするんだから、タイムラグがあるんじゃないかと思うんだ。

まあ近未来の超技術とはいえラグはあるだろうね。でも呼び込んだ奴らは正直騙されたアメリカ人が全滅しても別に何とも思わんだろうし。

返信する

GATEでもそうだったが、日本の政府や自衛隊にあれだけ影響力ある国はアメリカだけだからしゃあないっちゃしゃあないわな。
国レベルの悪辣さなら中国やロシアも負けてないけど、その場合は日本も全力で対抗するからまず失敗するだろう。

返信する
匿名

>どうしてあのシーンで、英語を話す声優を雇うことをしなかったんだろう。
最大の理由は制作費とスケジュールの関係じゃないの

英語圏向けは、dubの吹き換えが出るからそれに任せることにして字幕subで見られることはあまり営業的には想定してないないんでしょう
英語上手い日本人声優てほんと少ないよね 事務所のプロフィールみると最近の新人では英検準二級なんてのが結構見られるけど
ブラックラグーン、ヘルシングの小山茉美なども英語のセリフが多いけど割と残念なレベル

返信する
匿名

ツイッターで作者が言ってたが英訳文章はアニプレUSAの会社の人間が監修したし
ネイティブスピーカーレベルの役者を集めたらしいけどな。
日本語堪能な外国人がどれだけうまく日本語を喋っても母国語に引っ張られて
変なアクセントあるなって思うし生まれつきその言語に慣れ親しんでなきゃどこか違和感は出る。

返信する
匿名

まあきんモザでも田中真奈美の英語力は高かったけどブリティッシュアクセントじゃないから
外国人も「これはイギリス人じゃない」とコメントしていたな
田中真奈美はイギリスに留学してて英検1級を持っているんだけどね
英会話は日本人にしては上手いと褒めていたけどね

返信する
匿名

原作通りやっぱり中韓も参戦するのかな。面倒くさいからこじれるようなことは勘弁して欲しいわ。

返信する
匿名

ヒロアカ丸太事件のせいでおそらくカットされると思う
アニメ業界もまた配信停止や外国人による殺害予告は嫌だろうしな・・・

返信する
匿名

忙しくて見れなかったんで今やっと見たんだけど、こういう特定の国名を上げて
敵として出すの本当に止めて欲しいな。SAOって結構海外でも人気あるだろ

返信する
匿名

日本の方言しゃべるキャラでも声優はネイティブじゃない場合が殆どで微妙なイントネーションを指摘されたりするから英語の発音だから下手とかって話でもないような

返信する
匿名

>忙しくて見れなかったんで今やっと見たんだけど、こういう特定の国名を上げて
敵として出すの本当に止めて欲しいな。SAOって結構海外でも人気あるだろ

逆に日本が敵として出てくる海外映画とかもある訳だし、その国の人にとっても己の国が外国からどう見られてるか?とか客観的な視点で考えるにはいい機会なのでは

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。