fbpx
LINE公式アカウントはじめました!週に一度にまとめ記事を配信します!

南フランスで暮らして2年、日本を離れて気づいた『会話力の重要性』【海外の日本人】

南フランス

日本を離れて海外に暮らしを移した海外移住者(在外日本人)を特集します。

皆さんの中にも、4月から新しく仕事を始める、引っ越す、進学するなど環境が大きく変わる方もいらっしゃるでしょう。

日本でも環境が変わると、慣れるまで時間がかかるように、海外に生活を移すとこれまで “普通” だったことが “普通” ではなくなります。特にコミュニケーションの部分は、否が応にも生活に直結するため、最も苦しむ部分でもあります。一方で、そのコミュニケーションの部分をクリアすると、海外での生活は格段に住みやすくなるでしょう。

今や海外で生活する日本人は100万人を超え、150万人に迫る勢いで増え続けています。今回は日本を離れて2年、南フランスで暮らす「Mari」さんの記事です。

長年慣れ親しんだ、日本を離れて感じた海外の日本人の感想をどうぞ。

中国の路上風景中国在住者が日本を離れて気づいた『日本の過剰なお客様へのサービス』【海外の日本人】

日本を離れて南フランスで暮らして2年…

日本を離れて南フランスで暮らすようになって早くも2年の月日が経ちました。日本ではフランス語やフランスと縁もゆかりもない生活をしていたのですが、何の因果かアメリカ旅行中にフランス人の夫と出会い、結婚して南フランスに移住することになりました。フランス語で知っている単語といえば、冗談抜きで “Bonjour”「ボンジュール」くらいだった私にとって、日本を離れて最初にスタートしたのがフランス語学習です。

フランス語

まずはフランス語身につけるところから始まる

周りの人の会話を100パーセント理解できるまではまだまだ時間と勉強が必要ですが、1年間の語学学校と、南フランス現地での生活から、簡単な買い物や用足し、友人とのたわいない会話、家族との日々の生活でのやりとりには困らないレベルのフランス語力を身につけられました。

フランス人の驚くほどの会話力の高さ

フランス語の能力が上がって、周りの人の会話を聞き取ることができるようになればなるほど驚かされたのが、フランス人の会話力の高さです。語学のスキル云々の前に多くのフランス人は他人との会話を楽しんでいます。日本では赤の他人と他愛ない会話をして笑ったり、冗談を言い合ったりする人は少ないでしょう。

最初にフランス人の会話力の高さに驚いたのは、フランス人の義理母とレジを売っている女性との会話でした。義理母はあたかも彼女が自分の古い友人であるかのように、今日購入した食材の話や、気になっていた商品のこと、買った食材でできる簡単レシピといった会話を楽しんでいました。

フランスに来て間もない頃は、あまりに親しげに会話しているので、知り合いか友人なのかなと思って見ていました。しかし、後々聞いてみると知り合いではなく本当にその場であった瞬間に打ち解けて会話していたのでした。

フランス人のスーパーでの会話

日本で店員さんと話す機会はあっただろうか

確かに、日本ではレジの接客はとても迅速でお客さんと会話を楽しむ余裕がないし、南フランスと違って、週末に一週間分の食べ物を一気に買いだめする週間もないため、レジで会話する機会も時間もなかなかありませんが、この会話をする能力のおかげでレジの流れ作業を待っているのもさほど苦にはなりません。

フランス人の会話を豊かにするスキルとは?

義理の母親だけでなく、フランス人の友人たちも会話を豊かにするスキルがあります。フランスでは週末を家族や友人と集まって食事を楽しむ習慣がありますが、月に数回は顔を合わせているメンバーとの会話でも、とても楽しそうに今日あった出来事や美味しかった食べ物のこと、旅行先で驚いたこと、楽しかったこと、ショックを受けたことの会話を楽しんでいます。限られたトピックでここまで盛り上がることができるのは、会話の内容に細かい情報や、その場で感じた感情を表すスキルが高いからできることです。

特にフランス人の会話力の高さで関心するのが、相手を気遣って会話をしている点でした。例えばレジで接客している人に他愛ない話をするのは、日々同じ流れ作業をしていることで退屈しているだろうから、話しかけて気を紛らわせあげたいという思いから会話をしています。フランスの友人たちが旅行先での出来事を話したりするのは、他の友達に自慢したいからではなく、行ったことがない友人たちに、できるかぎる詳細を加えて旅行先の良さを伝えてあげたいという思いから会話をしています。自分が話したいことだけ話して満足しては会話のキャッチボールは成り立ちませんが、フランス人の会話力には相手を思いやって元気を与えるパワーがあります。

語学力だけでなく会話力も身につけるべき

日本を離れて、現地の言語が全く分からない状態で移住を決意すると、どうしても語学力をあげることに躍起になりますが、語学力を上げる一方で、その国の会話の力にも目を向けることの重要性を知りました。個人によって興味を持つ会話の内容が違うように、国によって、会話の内容を広げる方法が違っています。このことに気づいた瞬間、日本を離れてまた一つ成長したなと実感しました。

オーストラリアの一般的な住宅オーストラリア在住の私が日本を離れて気づいた『日本の住宅事情』【海外の日本人】

60 Comments

Avatar 名無し

凄いね 日本での英語教育でどの程度の英会話能力があったかは知らないけど
全く知らない言語空間にさらされるって辛いと思う

返信する
Avatar 匿名

そうそう。
関西じゃまぁまぁ普通にあること。
特に大阪は。
それが大阪だと下品ってことになって
フランスだと素晴らしい文化のように発進される。
なにこれ?

返信する
Avatar 匿名

電車の中やら公共の場で知らんヤツと長々と話したり、店のレジで店員と挨拶以外の雑談をやるとかは
日本でもよくある光景だと思うが

返信する
Avatar 匿名

海外で暮らしてたことあるけど、私も日本人に比べてヨーロピアンやアメリカンはコミニュケーション能力高いと思いました。日本より人と話さなければいけない雰囲気を感じました。なるべく積極的に興味を持って話さないと失礼になるって雰囲気です。その中でもフランス人は頭一つ抜けてる感じでコミュ力高いイメージでした。

返信する
Avatar 匿名

言いたかないが、これに関しては日本人がおかしい
コミュニケーション取らないような社会を目指してる

丁寧な店員もマニュアル超えれば途端に押し黙る
とにかく黙る奴多すぎ

ところで関西人は何なんだ?日本人と思えんコミュ力

返信する
Avatar 匿名

まあでもそういうのがウザいって日本に逃げてくる外国人もいるから、どっちがいいかとは一概に言えない気もする

あとヨーロッパ人同士でも「フランス人は話・議論好き過ぎて特にウザい」って人も少なからずいるみたいで、日本人だとおフラーンスだす郷に入りては郷に従えで「自分がコミュ力あげなきゃ」って思うんだけど、外人同士では必ずしもそうはならないみたいね

返信する
Avatar 匿名

大阪で店員さんと他愛のないことでお話すること普通にありますよ
ただフランスは会話力もですが(会話力が重要なのは別にフランスだけではないですが)、お客さんから挨拶したり、お客さんは店員さんと対等で店員さんを普通のリスペクトした態度が大事ですよね
日本の場合は、お客さんのほうが上って態度の人もたまにいて、店の人は敬語でお客さんがタメ口ってことが時々あるのは個人的にはあまりよく思えないですが、逆に偉そうな店員さんがいないことはありがたいです

返信する
Avatar 匿名

日本だと「お客様は神様でしょ」みたいなクレーマーいるし、海外だと店員がぶっきらぼうだったりするし(愛想良くてもあからさまにチップ待ちだったり…)良いとこどりでうまいこといかないものかねぇ

返信する
Avatar 匿名

おばちゃんが初対面の人と親しげに話してるなんて
関西の日常風景過ぎて、フランス感ゼロ

返信する
Avatar 匿名

うーん、客商売やってる物言わせて貰うと、単なる個人差だと思うよ
書いてる人の世界が異様に狭かっただけなんじゃないの?
後は語学を勉強している身という立場から、物の見方もかなり変わったとか

返信する
Avatar 匿名

私自身は若い頃から、よくお店の人に話しかけられてたけどな
ちなみに関東
イギリスで三年暮らしてたけど、別に日本のおばちゃんと変わらないなって印象でした
天気の話したり、商品の話したり

返信する
Avatar 匿名

東京でも東側の所謂江戸っ子はよく喋るよね。話の面白さは浪速っ子には及ばないけど会話量はむしろ江戸っ子の方が多いくらいだ。

返信する
Avatar 匿名

おお、言おうとしていたことを言ってくれた
東京の人間からすると関西人の会話は流れるようでスカスカ
に感じたりするねえ

返信する
Avatar 匿名

住み込みのバイトを日本で何箇所かやったけど本当に人それぞれだぞ。
ザ理系の男みたいな若い男の人でも汁物のメニューの説明なんかで会話のってくれたりする。
でも個人的にノリは悪いけど優しい料理長みたいな人とコミュニケーション取れる人は人を良く見てると思う。

返信する
Avatar   

「パリ症候群」という言葉を思い出して欲しい。
フランスは素晴らしいみたいな言葉には気を付けて。
道端にはゴミが多く地下鉄はクサイ。
スラムがそこかしこに有り、当然夜に安心して歩く事も出来ない。
日本人が警戒して他人と話をしないのであれば、
フランス人は警戒しているからこそ他人と会話をしている。

返信する
Avatar 匿名

>々同じ流れ作業をしていることで退屈しているだろうから、話しかけて気を紛らわせあげたいという思い

面倒くせえ考え方だな
俺なら全力でNo thank youするわ

返信する
Avatar 匿名

中高年の人は最初からマウント取る人が居る
若年層だって人前じゃ偉そうにする人も居る
少しづつ淘汰されていると思うけどね

返信する
Avatar 匿名

コミュ力高いというか話さないと気まずい失礼な文化なんでしょ?話さなくて良い日本のが気楽で良いわ

返信する
Avatar はいはい

日本社会は阿吽の呼吸、アイコンタクト、空気を読め!を目指す雰囲気がある。
職人気質で、完璧主義、口数が少なく背中を見て学べ!と言われると、戸惑う。
人生は交渉事の連続です。
会話力の欠如は自己責任でも有るけど、苦しいのなら、苦しいと発言できる社会にしないと死にたくなる病気のうつ病が減らない。
無駄口と言われるおしゃべりを他人と日常的に楽しめる心の余裕が不可欠です。
会話を嫌う人は人嫌いです、私共調査結果では犯罪者のほぼ全てが人嫌いでした。

返信する
Avatar 匿名

コミュ障の馬鹿女が海外行ってイキってようやく常人程度の人付き合いが出来るようになったのを、てめぇの短小物差しで日本人が皆自分と同じコミュ障であるかのように書いた駄文
薄汚いパリでテロにでもあえばいい

返信する
Avatar 匿名

コミュ障のバカ坊主が、軽々と独りよがりなセリフを吐いて
日常的に距離を置かれてそうなタイプのコメントですな。

返信する
Avatar 匿名

話さないといけない雰囲気ってヤダ。
大体田舎とか客少ないとこいけば、そういう会話になるよね。客の入り具合による。

返信する
Avatar 匿名

従業員と話し込んだら、他の客や その従業員(他の仕事があるかも)の人に
迷惑がかかるのでは?と思う。
誰も居なくて、暇そうだったらいいけど。

返信する
Avatar 匿名

うちの母親と同じ感じだな。見ず知らずの人に会ってすぐに打ち解けて、おしゃべりに夢中になり、ニコニコとしながらお友達のような雰囲気へと変えていけるのは本当に羨ましい。多くの日本人は本当だったらもっと人とコミュニケーションをとる事をしてもいいんだけどね。

返信する
Avatar    

あー早く帰りたいのに話し終わんねー
他人の時間を奪っといて「会話力の高さ」とか馬鹿じゃね?
だから落ちぶれんだよフランス

返信する
Avatar 匿名

関西に住んで40年だがチェーンの店で話しかけられた記憶は無いがな
個人経営の店ならたまにある

返信する
Avatar