『本国で消滅したアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得る』に対する海外の反応 | かいちょく

『本国で消滅したアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得る』に対する海外の反応

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、『本国で消滅したアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得る』に対する海外の反応をご紹介します。

私たちは知らず知らずのうちにアメリカ発祥のブランドに囲まれて生活しています。

マクドナルド、ケンタッキー、セブンイレブン、ローソン、ミスタードーナツやクリスピークリームドーナツまで。中にはセブンイレブンのように、日本に進出するも本国アメリカでは経営が上手くいかず、日本企業によって買収されたケースもあります。

redditより「In Japan, Dead American Brands Get a Second Chance(消滅したアメリカブランド、日本でセカンドチャンスを得る)」より、海外のコメントを翻訳してご紹介します。

もしかするとセカンドチャンスと言うより、最後のチャンスなのかもしれませんね。

JAL 日本航空(JAL)が2019年国際線の顧客満足度1位に輝いたことに対する海外の反応

『本国で人気をなくしたアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得る』について

海外の人気掲示板サイトRedditに『アメリカで人気をなくしたアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得ている件』としてタワーレコードの写真付きでスレッドが立ちました。

アメリカ出身の人たちが、アメリカ国内では衰退していったブランドが、日本を含むアジア内で、まだまだ人気を得ていることに驚いている様です。
タワーレコード(TOWER RECORDS)は、アメリカ、カリフォルニア州サクラメントに本社を置く大手CDショップチェーンであり、日本では「タワレコ」の愛称で親しまれています。皆さん一度は聞いたことあるであろうキャッチコピー「NO MUSIC, NO LIFE」で人気を得ましたが2006年にアメリカのタワーレコード社は経営破たんをしてしまいました。

しかし日本ではまだまだ人気のタワレコ。タワレコ以外にも、アメリカ人にとってはびっくりする様なブランド店が日本にはたくさんある様で。。
コメント欄は大いに賑わいを見せました。意外な店も元はアメリカ生まれだったと驚くところがあるかもしれませんね。早速コメントの一部を除いてみましょう。

引用:reddit

『本国で人気をなくしたアメリカンブランドが日本でセカンドチャンスを得る』に対する海外の反応

ローソンが元はアメリカ生まれじゃなくて、日本生まれのブランドって思われているのが面白いな。
ちょい待て、ローソンがアメリカ生まれだったなんて知らなかった。

ローソンの歴史

日本でのローソンのスタートは1975年6月14日オープンの1号店「桜塚店」(大阪府豊中市南桜塚)です。当時ローソンの親会社だったダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社とコンサルティング契約を締結。ローソンミルク社のノウハウを元に独自のフランチャイズシステムを確立し、ローソンの1号店が日本に誕生しました。アメリカンティストを売り物にパーティーフーズを品揃えし、現在のローソンとは雰囲気の異なるお店でした。

ローソン公式サイト

セブンイレブンもだったけどね。日本が買収したんだよ。
繁栄してたアメリカブランド、オールドネイビー、フォーエバー21、アメリカンイーグル、シティバンク、ウェンディーズも衰退して行ってるよ。

米フォーエバー21破綻、ファストファッション試練

米カジュアル衣料のフォーエバー21は29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した。米アマゾン・ドット・コムなどネット通販におされ、出店先の大型商業施設の集客力が落ち、経営が悪化した。

日本経済新聞

日本のマクドナルドのメニューは少し違ってて、私は楽しめたよ。日本のデニーズの朝ごはんは絶対にもう食べないけどね笑。私が慣れ親しんだアメリカの朝ごはんがないんだもん。
昔はあまり美味しくなかったデニーズですが最近日曜日のカーミーティングの後に友人達と結構な頻度で行くようになってお気に入りになったので紹介したいと思います。
日本のタワーレコードって、上手くいっているの?

タワレコとHMV、経営危機に…CDとDVD、“過去の遺物”化が深刻

タワーレコードの日本1号店が札幌に誕生したのが80年。HMVと同様に90年代のCD好景気時代は隆盛を極めたが、それ以降は苦戦が続いている。決算公告によると、07年2月期に664億円あった売上高は、18年2月期にはそれより約2割少ない530億円まで減っている。純損益はこの12期のうち7期で赤字だ。たとえば、17年2月期は29億円もの赤字を計上している。業績はかなり厳しい状況といえる。

ビジネスジャーナル

トイザラスはどんな感じ?
日本のトイザラスは結構あり得ないな。
ここフィリピンでは、ペイレス、フォーエバー21、ギャップ、トイザラス、ディーン・アンド・デルーカがあるけど、全部いい感じにいってるよ。
信じられない!日本はアメリカで衰退したブランドを復活させている気がするよ。
タワーレコードが繁盛してるって言い方はよくないかもしれない。この渋谷店は、全体の5%しか音楽系のはないから。半分くらいはカフェになってるし、本屋、文具売り場があって、地下にはイベントフロアがたるよ。
福岡にもタワーレコードが何個かあるけど、ただのミュージックストアだよ。CDとレコードがたくさんあるだけ。
笑 日本にはもっとたくさんタワーレコードがあるよ。僕が初めて行った10年前からイベントスペースがあったり、カフェがあったりするよ。
ミスタードーナツはどう?
何でミスタードナツが日本で生き残っているのかがわからないな。そんな大したドーナッツじゃないのに。
アメリカにはたった一個しかミスタードーナツは残ってないよ。イリノイ州のなーにもないところにね。
マクドナルドやスターバックスも過去には苦戦していたよね。でも日本(アジア)のマーケットはアメリカとは全く違うね。
日本のことじゃないけど、グアムでは日本と韓国の観光客はKマートでいつもお買い物しているよ。
Kマートが倒産するって言った時、アメリカ内の在庫は全てグアムに送られてきたんだ。そしてそこでいってもっと在庫を増やしてる。
クリスピークリームドーナツを見ると不思議な感じになるよ。僕が住んでいるところ(ミネソタのツインシティー)ではほとんど見ないからね。
どうやってクリスピークリームドーナツはドーナツを作っているか

22 COMMENTS

匿名

ああ日本ではほとんど見かけなくなったパフィーが
アメリカで人気ヒーローになってるなんて知らなかったよ

返信する
匿名

クリスピーとタコベルは近いうちに撤退しそうだけどな。
シナボンももう見かけなくなった。
ウェンディーズも方針を改めなければ今回は長くなさそう。
だいたいバーガーキングも再上陸は成功したとは言えないでしょ?
結局アメリカの本部が潰れそうなぐらい力が無くならないと、アメリカンウェイを改めないだろうから日本ではうまくいかない方が多いでしょ。
スタバは例外的に本部が日本流を対外戦略の軸にしたんだよね。
マックはコロナ景気で今は成功しているらしいけど、迷走中だった感は否めないしね。マスコミ的にはやたらカサノバで成功したことにしたいみたいで、カサノバ流をゴリ押ししてるけどね。

返信する
匿名

クリスピードーナツは甘すぎて二度と買わねーって思った
なんだあの砂糖の塊は・・・

返信する
匿名

メディアに簡単に洗脳され扇動される国民性ってだけだよ。
「自分が無い」全部他人が基準。
まぁだからこそ犯罪率も低いんだろうけどね。
でも、他人が作った基準に沿わない人を攻撃するのが「日本人らしいな~」っていつも思う。韓国人も同じような性質みたいだけど。それも日本のパクリなのかな?
俺には生き辛かったな。仕方ないけど。

返信する
匿名

ネットじゃメディア批判が多いぞ、欧米企業の多くが日本で失敗の連続だよ、日本で成功してる欧米企業は日本人スタッフに任せてる所が多い、しかも世界の中で日本はモニター国家の位置づけなんだが

返信する
匿名

日本で売れたものは海外でも売れる、だっけ?
今もその傾向は続いてるのかね
日本人がイイと思ったものはイイものだ、みたいなのはちょっとうれしいけど
K-POPみたいに韓国商品に悪用されるのは嫌な感じだな

返信する
匿名

そう。個人に自信がないからこその同調圧力と過剰な排他主義はウンザリするね。
そのおかげであんたもいうとおり社会の安定化が図れている面もあるけど。
俺もその風潮に馴染めなくても生き残ろうとしているよ。
あんたは海外にでも行ったのかい?

若い頃は社会の安定を優先する保守寄りだったけど
同調を要求する最近のSNSやマクロ的視点の強すぎる政府の弱者やダイバシティに我慢を強いる政策を見るにつけリベラルの考えが強くなっている。
尤もリベラルもまた日本的な宿痾から逃れられていない怪しいモノだなと思うけど。

返信する
匿名

アメリカまんまでもダメだし、日本化し過ぎても個性がなくなる。
マクドやKFCはその辺のバランスが絶妙に上手い。
アメリカンな味と現地に合わせたサービス。

返信する
匿名

逆に日本のNTTやソフトバンクが米国携帯電話網に入り込もうと挑んだが…
ケチョンケチョンで撤退…

返信する
匿名

メキシカンフード(正確にはテキサス風メキシカン)のファストフードが近所にあれば行きたい。
アメリカ料理で恋しくなるのはあれだけだ。

返信する
匿名

古くは「金平糖」。本国では失伝している幻のお菓子(ポルトガル)。実は「バームクーヘン」も、ドイツ本国ではあんまし見られないと聞く。
いずれは「コカコーラ」もそうなりそうな気がする(ペプシのCMで過去の遺物として発掘されるというネタがあったらしいが、なりそう)。日本てやっぱすごいわ。

返信する
匿名

スポーツオーソリティもそうだよね。結局、アメリカでつぶれたブランドが日本で生き残る、というより、潰れそうだから、延命として、ブランド使用料と営業ノウハウのライセンス料せしめるために、日本ほか海外に展開する、という感じなんだと思う。本国が直接やらないから、本国ブランドがつぶれても、海外は別法人として生き残れるし、ブランド使用料だけは倒産後も清算法人や管財人に入るから、だれも腹が傷まない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。