このサイトを応援してくださる方を募集しています

日本の漫画が原作 映画『アリータ:バトル・エンジェル』の海外の反応「目がでかいけど、僕は好き。」

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、日本のSFアニメが原作の映画『アリータ:バトル・エンジェル』の海外の反応をご紹介します。

映画世界興行収入の1位と2位を長らく独占している「アバター」「タイタニック」。そんな作品を手掛けたジェームズ・キャメロン制作による最新作が登場!

「シェイプ・オブ・ウォーター」の監督でも知られるギレルモ・デル・トロ氏から日本のSFコミック『銃夢』を紹介され、その独創的な世界観にどハマりしたジェームズ・キャメロン氏。それからなんと25年の月日が立ち、ようやく公開に至りました。

ジェームズ・キャメロン氏は20年前から映画の構成を練っていて「アバター」制作と共に脚本の執筆も行なっていたとのこと。

トレイラーを見ると、まずそのSF感満載のグラフィックとCGに驚かされます。さらに、日本のアニメを象徴するかのようなビジュアルのヒロインのサイボーグ少女・アリータに注目です。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開に対する海外の反応と感想をまとめました!

日本のSFコミック『銃夢 GUNNM』の実写版映画『アリータ:バトル・エンジェル』の新トレーラーが公開

日本のコミック『銃夢 GUNNM』をもとにした実写版映画『アリータ:バトル・エンジェル』の新トレーラーが公開された。

『銃夢』は木城ゆきとが手掛けた日本のSF格闘漫画で90年代に雑誌『ビジネスジャンプ』から連載されていた。

漫画の連載から20年以上を経て、ハリウッド版実写化の公開に、海外のファンたちからは「長いことこの映画を待っていた。もう待ちきれない!」、「この漫画をもとにした実写版、マジで最高!」との声が上がっている。

また、「主人公の女の子は超イケてる」、「本当に強い女性とこうであるべきとワンダー・ウーマンに示してる」など、CGで作られたヒロインのキャラクターにも注目が集まっている。

それでは、このトレーラーを見た海外のファンたちの声の一部を紹介していこう。

映画『アリータ:バトル・エンジェル』の公開に対する海外の反応と感想

  • この映画、絶対見るよ。
  • トレーラーの作り、超好き!
  • このトレーラーは映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 』よりもいいストーリーなんだよね、実は。
  • これはアリータの最初の物語にすぎない。漫画では、彼女が海上都市と宇宙に旅立つ後半部分がもっと面白くなる。
  • 20年以上待っていたよ。残念ながらR指定にはならないね。もしこのオリジナル版の漫画を読んだことがあるなら、R指定が必要だって分かるよ。
  • 長いことこの映画を待っていたよ。もう待ちきれない!
  • アリータはサノスを倒すためにアベンジャーズに入ったほうが良いかも。
  • この映画超面白そう!マーベルとアバターの合作みたい。
  • 本当に強い女性とこうであるべきとワンダー・ウーマンに示してるね。待ちきれないよ!
  • この映画は、CGIが将来もたらしてくれるものを垣間見ることができるね。
  • この映画が面白いことを期待するよ。漫画版は本当に面白いストーリーがたくさんあるよ。どうやら映画版は漫画の最初の2つの物語を取り入れたようだね。本当に良いストーリーでもっと続編を作ることができると思う。
  • 多分映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後、2019年で一番期待できる映画だと思う。
  • みんな、彼女の目が大きすぎるって批判してるけど、僕は好きだな。
  • マジで、このトレーラーを見た時、マーベルやDC映画よりも鳥肌が立った件。

  • 僕が好きな強い女性の主人公の映画っぽいのきたーー。
  • 漫画をもとにした実写版ってのは、マジでCOOLだし、出来が良いんだよ!
  • 映画の公開を超楽しみにしていた最後の映画が何だったかを思い出せなかったけど、このトレーラーを最初に見た時にすぐ見なきゃって思った。主人公の女の子は超イケてるし、もし映画がトレーラーのように本当に良かったら、何回も映画に行くと思う。
  • スーパーヒーローの映画にはもう飽きたよ。こんな映画を待っていたんだ。絶対に2月に映画館で見るね。多分2019年でベスト映画になると思う。
  • 映画『アクアマン』よりも格好いいエフェクトやな。
  • これは紛れもなく初の実写版だね。
  • これは僕のお気に入りの漫画。でもトレーラーはストーリーを明かしすぎてないと思う。製作者たちは原作に最大限の敬意を払っていて、「再考案」や「再創造」はやってないんじゃないかな。トレーラーのシーンは僕が期待していたものだよ。アリータは素晴らしいね!完全な人間ではないけど、技術が凄くてCGだって気が付かないかもしれない。公開が待ちきれないよ。

日本語版『アリータ:バトル・エンジェル』の予告編はこちらですよ

うどんくん

アニメの実写映画化が最近多いのかな?やっぱり商業的に儲かるんですかね
『トイ・ストーリー4』の公開に対する海外の反応「続編作る必要あったか?」

40 Comments

Avatar 匿名

>漫画をもとにした実写版ってのは、マジでCOOLだし、出来が良いんだよ!
>出来が良いんだよ!
>出来が良いんだよ!
>出来が良いんだよ!

???
恐らく違う世界線の住人がいますね

返信する
Avatar  

ネタが無いんだよ、だから随分前に映画化権だけ抑えて、本当にネタに困ったら使う

返信する
Avatar 匿名

製作費が170億くらいでアニメ実写化としては信じられないほどでかいんだよね。だから回収できるか微妙って声もある。ただ、スタートはそこそこいい感じらしいのでもう少し行ってくれると助かる。

返信する
Avatar 匿名

顔の造形を自由にできるサイボーグの世界は
今の加工された自撮りが立体になったような雰囲気になるとすると
目がデカイのはそれほど間違ってなさそう

返信する
Avatar 名無しの権兵衛

ジェームスキャメロンは「銃夢」を実写化できない事に気づいて…

だが断念しなかった、実写化のため技術の進化を待って漸くたどり着いた

返信する
Avatar 匿名

今にして思うと、10年前の時点で無理に実写化しなくて本当に良かったと思う
まあすんごく待たされたけどね

返信する
Avatar 匿名

170憶?
すげえな、いつか邦画でも100億くらいの予算の特撮ものが見たいな…生きてる間に

返信する
Avatar 匿名

フルCGなら邦画でファイナルファンタジーってのが
見れるけどな、生きてる間に
100億どころか制作費150億や
オレなら全額ジェームズ・キャメロンに渡すけどな

返信する
Avatar 匿名

そうだよな
宣伝でも日本の漫画原作とは言うけど銃夢の名前ぜんぜん聞かない
これで原作の宣伝になるんかな

返信する
Avatar 匿名

トレーラーはアクションシーンばっかやな
しかしジェームズ・キャメロンだから
伝えたい事はそこじゃないはず
銃夢に何をインスパイアされたのか
唯一の不安は監督がロバート・ロドリゲスである事
バリバリのアクションオンリー監督やんけ

返信する
Avatar 匿名

銃夢を監督が満足できる実写化にするための技術が開発されるのに20年かかったんだから仕方がない。
20年前のCGで実写化されたのを想像してみろよ。

返信する
Avatar 匿名

CM観ると銃夢(原作)が一切触れられてないのも不思議だし
原作知らなきゃ、目が恐い所ばかりが印象に残るどこにも引っ掛かる所が無いB級アクションにしか見えない感じでこの宣伝だとコケそう

返信する
Avatar 匿名

ハリウッド化するよ!っていいながらその動きのないやつは実写権だけ買ってまったく別名のパクリ作品作って儲けてるんだよな
ダークエンジェル作って作者に似てるねって突っ込まれたキャメロンさんはどう思ってるんでしょうか^^しかも映画は別の人に引き継いでさー

返信する
Avatar 匿名

続編でるなら是非ノヴァ教授を、と言いたいけど彼が出ると作品の変態度が
あがってレーティング高くせにゃなんらんだろうからハリウッド的にには鬼門かのう。

返信する
Avatar 匿名

マカクさんは省略されるみたいね
モーターボールやるのはいいけど、公式サイトのキャストにジャシュガン居ないんだけど、大丈夫かな?

返信する
Avatar 匿名

バトルアクションの部分が記憶に残ってるけどモーターボール編を基にした映画化って事なんか

返信する
Avatar 匿名

一本の映画にするとすげー盛りだくさんな感じだなw
目がでかくて観るのどうしようかと思ったけど、観ようかな。

返信する
Avatar 匿名

BATTLE ANGEL(バトルエンジェル)は銃夢の第1巻の第6話の題名
ALITA(アリタ)も銃夢の第9巻に出てくる名前
ジェームズ・キャメロンちゃん細かいところで原作リスペクトしてる

返信する
Avatar 匿名

漫画原作ではじめて興行的に成功しそうだな
でもこんだけ金かけるならアニメでええやんって思ってしまうわ(笑)

返信する
Avatar 匿名

9巻の「アリタ」は、もうその頃北米版コミックスが翻訳出版されてて、そっちが主人公名「アリタ」、タイトル『Battle Angel Alita』にされてしまったので、それを拾った作者の遊びだよ

OVA版要素も大きくて、「原作を忠実に映画化」的な映画じゃないみたいよ
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ぐらいな感じかな?  ジャンルも情感とか哲学性とかほぼなしのノンストップ・エンタメアクションにしたみたい。

返信する
Avatar 匿名

ハリウッドが日本のアニメや漫画の映画権を獲得してもなかなか実写化にまで至らないのはマンガやアニメの実写化で大ヒットが出て来ずに資金がなかなか集まらないから。
そんな状況でドラゴンボールが爆死したので余計に尻込みをするようになった。
ご承知のようにキャメロンは技術開発の為に本作映画化をずっと後回しにしてきた。
今作がコケると日本のアニメ漫画の実写化はさらにハードルが高くなるので成功してほしいところ

返信する
Avatar 匿名

映画のタイトルを海外でも「童夢」にしたら良いのにとは思う
サブタイトルで英語で良いじゃん

返信する
Avatar 匿名

観てきたけど銃夢じゃなかった。
ロバート・ロドリゲスはシンシティでマンガの実写化に定評があったけど、超大作映画は口を挟む人が多くてブレたのかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。