fbpx
LINE公式アカウントはじめました!週に一度にまとめ記事を配信します!

詐欺師!?アン・ハサウェイ主演のコメディ映画『THE HUSTLE (ザ・ハッスル)』の海外の反応をまとめました!

こんにちは!ライターのAyaです。

今回は、アン・ハサウェイ主演のコメディ映画『THE HUSTLE ザ・ハッスル』の海外の反応をご紹介します。

アン・ハサウェイと言えば、「全米一嫌われた女優」とも呼ばれるほど一時期は大バッシングを受けた大女優です。理由は、2013年に公開された「レ・ミゼラブル」でアカデミー助演女優賞を獲得した時のスピーチです。あまりに、大げさな息遣いや表情などの振る舞いに批判が殺到しました。

大バッシングも受けながらも、その演技力や美貌は健在で2014年公開の「インターステラー」や去年公開の「オーシャンズ8」にも出演し、着実にキャリアを積み重ねています。

そんな彼女の今後の活躍に目が離せません。

ティム・バートン監督の映画『ダンボ』の新トレーラーの海外の反応「もう成功は約束されたな。」

アン・ハサウェイ主演のコメディ映画『THE HUSTLE(ザ・ハッスル)』のトレーラーが公開。今度は詐欺師に?

アン・ハサウェイとレベル・ウィルソンが主演のコメディ映画『THE HUSTLE(ザ・ハッスル)』のトレーラーが公開された。

映画『オーシャンズ8』で女詐欺師たちに騙されてしまったハサウェイだったが、今度は逆に詐欺師を演じる。

ハサウェイに弟子入りをしたウィルソンと2人で、ITの億万長者を騙そうとするストーリーだ。

2人の体を張った演技に、「トレーラーは全く期待していなかったのに沢山笑っちゃった」、「この映画はまじで面白そう」と、早速期待が高まる声が続々と上がっている。

一方で、同作は1964年の映画『寝室ものがたり』、1988年の往年のコメディ映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』のリメイク版であるがゆえに、「オリジナル版の方が良かった」など、否定的なコメントも見れる。

アメリカでは5月10日公開予定とのこと。ちなみに、日本での公開は今のところ発表されていない。

それではこのトレーラーを見た海外の人たちの声の一部を紹介していこう。

映画『THE HUSTLE(ザ・ハッスル)』の海外の反応と感想

  • オーマイガー!トレーラーは全く期待していなかったのに沢山笑っちゃったわ。絶対にこの映画見る。
  • アン・ハサウェイの最後のシーンの笑い方!
  • この2人がいつか共演することをずっと待っていたの。
  • アン・ハサウェイとレベル・ウィルソンのコンビが必要だって、今まで気が付かなかった私を責めたい。
  • このトレーラーをみた40歳以上の人が映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』を思い出したら「いいね」を押して。
  • アン・ハサウェイとレベル・ウィルソンのコンビは気に入った。
  • アン・ハサウェイのアクセントはまるで映画『プリティ・プリンセス』のジュリー・アンドリュースから借りてきたみたい。

プリティ・プリンセス

サンフランシスコで母親と二人で暮らすミア・サーモポリスは冴えない女子高生。人前に立つことも運動も苦手で、地味で野暮ったい彼女をまともに相手にしてくれるのは親友のリリーとその兄のマイケルのみ。それでも消防署を改造した個性的な家で、奔放な画家の母と共に自由かつ幸せに暮らしていた。

そんなある日、ミアは、自分の亡き父フィリップが、欧州にある国ジェノヴィア(架空の国、スペインとフランスの間に在る小国の設定)のクラリス・レナルディ女王の息子であり、女王の孫である自分が唯一の王位継承者であることを知らされる。

Wikipedia

  • アン・ハサウェイのなまりにドン引きなんだけど。
  • この映画はまじで面白そう。
  • 映画『オーシャンズ8』の後、アン・ハサウェイは詐欺師になったのね。
  • 黒い服を着た時に隠れる方法を見つけた。
  • 映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』の女性版だね。

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ

1988年のアメリカ合衆国のコメディ映画。 大富豪の有閑夫人を相手に詐欺を働くベテラン詐欺師と、ちんけな若手詐欺師の詐欺合戦を描いたコメディ映画である本作は南フランスのリゾート地であるコート・ダジュール(リヴィエラ)が舞台で、デヴィッド・ニーヴンとマーロン・ブランドで1964年に製作された『寝室ものがたり(英語版)』のリメイク作品でもある。

Wikipedia

  • オリジナル版の映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』を見たけど、オリジナルよりも良さそう。
  • 超笑っちゃった。これがトレーラーだって信じられない。映画の公開が待ち遠しいよ。
  • ヤバイ!アン・ハサウェイは最高だね!
  • リメイクかどうかなんて関係ないよ。オリジナルを見たことがないけど、このトレーラーはすごい面白かった。もしリメイク版だからという理由でこの映画を見ないつもりなら、お金を支払わないで。

  • これは、女性版映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』だね。とってもオリジナルだよ。
  • アン・ハサウェイのアクセントはちょっと強すぎけど、それ以外はいいね。全てが面白いことを願おう!
  • オーマイガー!このトレーラーを見るまではあんまり期待していなかったけど、今やチケットを買うつもりだよ。
  • この2人のコンビはきっと歴史を作るでしょう。
  • オリジナル版の映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』の方が良かった。
  • ごめんね。でも映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』の方がずっといいと思う。
  • 女性によるリブート版映画『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』は結構です。
  • また、男性が主人公のオリジナル版を女性に置き換えてリメイク版にした作品じゃないか。

映画『マイ・インターン』でもアン・ハサウェイは美しい

実写リメイク版 映画『ライオン・キング』が7月公開に対する海外の反応をまとめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。