『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の海外レビュー(評価・評判・感想) | かいちょく

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の海外レビュー(評価・評判・感想)

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、スクエニより発売のゲーム『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(英語タイトル:DRAGON QUEST XI: ECHOES OF AN ELUSIVE AGE)』の海外レビュー(評価・評判・感想)をご紹介します。

ドラゴンクエストシリーズと言えば、ご存知の通りドラクエ、DQなどと略され、日本では特に愛されています。しかし、海外ではどのような評価をされているのでしょうか。ファイナルファンタジーと比べると、そこまで海外では知名度がない(?)とされていますが、果たして本当でしょうか。

海外の評価をMetacritic(メタクリティック)と呼ばれる、海外レビュー大手サイトから調査しました。

その前に、本作の情報を少し振り返ってみましょう。

2017年7月29日にPS4、Nintendo 3DS、Steamで、2019年9月27日にNintendo Swtichでも発売された本作。日本を含めた全世界の総売上本数は550万本を超えました。

前作の「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」では完全オンラインゲームでしたが、本作ではオンライン要素のないRPGとなっています。また、ドラゴンクエストシリーズでは珍しくUnreal Engine 4が初めて採用され、3Dグラフィックの描画が非常に向上しています。

そんな、本作の海外レビューをどうぞ。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の海外レビュー(評価・評判・感想)

海外の高評価コメント

100点 GameGrin
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めては、技術面で少し目新しさに欠けるが、従来のJRPGの伝統を守る完璧なゲームである。
100点 Forbes
ドラゴンクエストXIは、これまでプレイした中で最高のロールプレイングゲームの1つだ。単によく作り上げられていて楽しいというだけではなく、鳥山明による愛くるしい登場人物から成る物語と伝説的な作曲家である「すぎやまこういち」の音楽がとても素晴らしい。
85点 PLAY! Zine
史上最高のゲームとはいえないかもしれないが、おそらくその完成度を維持し続けるJRPGシリーズの中でも最高のゲームだ。 いや、それ以上かもしれない!有名なドラゴンクエストシリーズの世界にある、この豪華でありながら懐かしさを感じさせるゲームセットを見逃すべきではない。
80点 TheSixthAxis
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めては、RPG設計における、新しい方法による新境地を開拓しているわけではないが、ゲーム自体は楽しくドラゴンクエストシリーズとして洗練されている。 野心の欠如を非難する人がいるかもしれないが、このジャンルとシリーズのファンにとっては、このような新しい体験はまれである。

海外の低評価コメント

70点 Gameblog.fr
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてに対して、奇妙な愛憎心を抱いている。ある時には、懐かさや丁寧に書かれた物語、独特なデザインに圧倒されるが、不十分に設計されたインターフェイスに嫌気を感じる時もある。単に革新性の欠如と、新しい事柄への挑戦のなさからくるものだ。仕組まれている動作は完璧に作用するが2017年においてそれだけでは不十分だ。ドラゴンクエストXIは危険を冒さない無難な作品だ。
60点 Slant Magazine
ドラゴンクエストXIは、今までのドラゴンクエストシリーズの中で最も視覚的に豪華な作品であるにも関わらず、大胆さを欠いた、従来のありきたりな道からはずれることのない、安定した作品となっていることが残念である。
60点 FANDOM
古典的すぎる。美しいように見え、確かに声の演出はすばらしが、全体としては、JRPG業界を前進させる作品ではない。スクエアが西洋のRPGとしてドラゴンクエストXI を推し進めているが、明らかにニューユーザーへ推奨できる作品ではないことが、非常に残念である。

ピックアップコメント

100点 Digital Chumps
ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めては、全体として物語からゲームプレイの構造にいたるまでとても美しく設計されている。さらに、ゲームプレイはとても見事で、動きを見るだけでも楽しめる。 実際、プレイ時間はゆうに70時間を超え(100時間前後)、その長い冒険の旅は、忘れがたいものになるだろう。これぞまさにRPGであり、有能なスクウェア・エニックスの面々が、同じような方法でこのシリーズを作り続けていってくれることを願っている。
90点 BaziCenter
ドラゴンクエストXIは、そのルーツを失うことなく、いくつもの新しい機能を搭載している。新しくなったことを嬉しく思う。エンジンもパワフルで、今までドラゴンクエストの世界を体験したことがないのであれば、今がその時だ。
90点 Eurogamer Italy
記憶に残るキャラクターで溢れた、豪華な世界を舞台にした壮大な冒険。
JRPGジャンルの名作として記憶に刻まれることは確かである。
86点 Gamers
ウィッチャー3や、スカイリム、もしくはファイナルファンタジーXVのようなRPGを求めているのであれば、ドラゴンクエストXIはそれらには該当しない。ドラゴンクエストXIは現代的でありながら、古典的な方式やリニア式の起源を維持しつつ、冒険とターン制のバトル方式をとったゲームである。オープンワールドのゲームプレイよりもキャラクターとストーリーに重きを置いたゲームで、JRPGの懐かしさを感たいのであれば、ドラゴンクエストを心から楽しめるだろう。

13 COMMENTS

匿名

これ視点を変えるのに自分でグルグル回転させないといけないんだよね
それで画面酔いするから途中でやめちゃった

返信する
匿名

サガスカが革新的なバトルシステムとかって評価されてるし
やっぱり外人は古臭いのはダメなんだな

返信する
匿名

メタスコア86ユーザースコア8.7はじゅうぶん高評価だよ
ドラクエは現在に生きる古典なのだから外人に合わせて先進的にしなくていい

返信する
匿名

声優陣ほとんど亡くなってるし高齢化もすごいから無理でしょ。そういうめんどくさい批判が作品を潰すんだよなぁ。

返信する
匿名

外人はドラクエに対しては嫌味を言うくせに
二ノ国やペルソナ5にはものすごい高評価付けたりしてるし基準が曖昧でよくわからん
そんな不確かなものに振り回される必要なし

返信する
匿名

いうてユーザースコア8.7やぞ。
メタスコア、ユーザースコアともにこの数字に落ち着いてるのは大作+良作の証。
90超えるのはその年のベストオブベストにノミネートされるような作品やからな。
そんなコメント書いてる時点で振り回されてる証拠や。

返信する
匿名

まあ一番最初に海外でJRPGとして名を馳せたのがゼルダだからな
ゼルダは当時アドベンチャーゲームでRPGというジャンルじゃなかったが
アクションと謎解き、探索などが欧米で高評価を得た(日本以上に受けた)
その後はFF6と7で浸透し、ドラクエは8で海外進出が遅れた(実はその前に
ドラクエはアメリカで売られたんだけどパッケージイラストが改変されたので
客層が合わず、劣化版ウルティマとして思われた)
最近はドラクエの評価は上がっているけど、ゼルダやFFに比べると厳しいかな

返信する
匿名

今作がこれまでの集大成的な位置づけだったから次回作はかなり冒険するだろうな。アクティブタイムバトルになるって噂もあるし。
革新だけを求めて古典としてのアイデンティティを失ってしまったFFとは違い、DQの変化は結構楽しみです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。