アニメだけの「海外の反応」をまとめた『アニはん』が生まれました!こちらをクリック

映画『キャプテン・マーベル』の新トレーラーが公開。海外の反応をまとめました!

映画『キャプテン・マーベル』が来春公開。映像美に驚嘆。

来年、2019年3月15日に公開予定のマーベル・スタジオ製作の映画『キャプテン・マーベル』のトレーラー第2弾が公開された。また、最初に公開されたトレーラーで話題となった、主人公が突然としておばあさんを殴るシーンが冒頭に盛り込まれ、ファンからは「最初のシーンが気に入った」と、声が上がっている。

また、前に公開されたトレーラーの動画に加え、ブリー・ラーソン演じる主人公キャロルがスーパーパワーを得てヒーロの一員になった経緯やニック・フューリーと共に自分の記憶を追求していく映像が垣間見れた。小型機に乗り込んだニック・フューリー演じるサミュエル・L・ジャクソンが「操縦方法を知っているか?」と、キャロルに問いかけると「イエス」と答え操縦桿を簡単に操る。彼女が米軍パイロットであったことを示唆している。

動画の最後には、猫とフューリーの絡みが見られ、ファンからは「猫がフューリーの目を取ったってこと?」「この猫がスクラル人か何かに化けるんだと思う」と、今後の予想が議論されている。

また、往年の俳優サミュエル・L・ジャクソンが重要な役割を務めることに「90年代のサミュエル・L・ジャクソンが戻ってきたみたい」と、期待を寄せる声も上がっている。一方で、主演を務めるブリー・ラーソンに対しては「ブリー・ラーソンは素晴らしい女優だけど、マーベル作品には合わないかも」、「ブリーは良い俳優だけど、この映画ではイマイチだな」といった否定的な声も幾つか上がっている。

それでは新トレーラーを見た海外ファンたちの声の一部を紹介していこう。

Marvel Studios’ Captain Marvel – Trailer 2 from movies

映画『キャプテン・マーベル』に対する海外の反応

  • つまり猫がフューリーの目を取ったってこと?
  • キャプテン・マーベルを演じるブリー・ラーソンは気に入ったけど、声はなんか元気がない気がする。セリフからエネルギーとかパワーを全然感じられない。
  • サミュエル・L・ジャクソンが重要な役を演じるのを待ちきれないぜ。
  • サミュエル・L・ジャクソン

    アトランタのモアハウス・カレッジ卒業後、ニューヨークで下積み時代を送る。91年、スパイク・リー監督作「ジャングル・フィーバー」でカンヌ国際映画祭助演男優賞を獲得し、クエンティン・タランティーノ監督作「パルプ・フィクション」(94)でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、人気俳優に。

    サミュエル・L・ジャクソン映画.com