fbpx
目標もなくただ仕事するそんな人生に『英語』と『プログラミング』で終止符を打つ。

Fラン大学を卒業し、目標もなくただ就職するそんな人生に『英語』と『プログラミング』で終止符を打つ。

もう他人の時間を生きるのをやめよう。

タイトルにもある通り、私は大した大学にも進まず、新卒でただ面接を通過した企業に就職したならず者です。そんな、私がアウトプットする大切さをみなさんに伝えたいと思い、この記事を書きます。

まず、最初に私の過去を振り返ってみたいと思います。

  • 15歳
    中学
    公立中学を卒業
  • 17歳
    高校
    オンラインゲームにどハマりする
  • 18歳
    高校
    中堅クラスの高校卒業
  • 19歳
    大学
    大学受験に失敗(Fラン大に入学)
  • 23歳
    社会人
    たまたま面接を通過した日用品問屋に就職
  • 27歳
    社会人
    周りの全てに嫌気が差しベトナムへ逃げ出す

これを見ても分かるでしょう。完全に負け組です。まず、私の失敗をあげるとしたら、高校選びに失敗したこと。これに尽きるでしょう。

人間の人生は環境によって左右されることは、私は身をもって知りました。

この動画を見てください。

堀江貴文氏、孫正義氏、スティーブ・ジョブズ氏この3人が共通して語る「今を生きる」方法を説いています。

今の10代の方には、これだけは言いたいです。

「残り時間を考えよ」

私たちの時間はあとどれだけ残されているのだろうか

日本人の寿命は世界的に長いことで知られていますが、今回は世界平均で考えます。

72歳

そう。これが世界的に見たときのあなたの寿命です。あと何年残っているでしょうか。好きなことはできていますか?嫌な仕事に自分の人生の大半を費やしていませんか?

この72年の時を1日(24時間)と仮定して見ると、私たちの残り時間がさらに分かりやすくなります。

年齢 時間(72年を1日と仮定)
10歳 3:20
20歳 6:30
30歳 10:00
40歳 13:15
50歳 16:30
60歳 20:00
72歳 24:00

この表をみて、どんな感想を持ちましたか?あなたの「残り時間」は短い?長い?

どれだけ回り道をすれば良いのだろう

会社の飲み会。興味もない友人の噂話。くだらないテレビ番組。人生には無駄なもので溢れています。

人生には意味なんてない。

無駄こそ人生。

確かにそうかもしれません。ただ、もう、自分に言い訳するのはやめよう。

どれだけ、回り道をすればゴールにたどり着くのだろう。あえて、ゴールから遠回りする必要はないはずです。

「最短距離でゴールに向かおう」

あなたのゴールは何ですか?私のゴールは時間を自由に使えるようになること

ゴールとは何でしょうか。

プロのサッカー選手になること?優秀なエンジニアになること?YouTuberになること?

ゴールは私にとって、最終的な終着点と定義します。
私の最終的な終着点(ゴール)は

「時間を自由に使えるようになること」=「十分なお金を稼ぐこと」

これしかありません。

社会貢献?誰かのために?そんなことは建前にすぎません。自分のこと、自分の人生を最優先に考えるべきです。
他人のために、時間を使うことはいますぐやめましょう。

サービスを享受し続けてはないだろうか?

私たちは、サービスを享受する対価としてお金を支払います。

例えば、電車に乗る、カフェでコーヒーを頼む。全てのサービスに対価としてお金が使われています。

今の生活を振り返って、以下の2つを考えてみましょう。

  • サービスをした回数 × 単価
  • サービスを受けた回数 × 単価

どれだけ、お金を一方的に支払い続けているでしょうか。

このパワーバランスを壊せば、ゴールへ最短距離で到達すると考えています。

つまり、選択肢は2つあると考えています。

  1. サービスを受ける回数と単価を下げる
  2. サービスをする回数と単価を上げる

具体例を上げると

1は節約

2は給料を上げる

あなたはどちらを選びますか?

どちらにせよ、サービスを享受し続ける人生はゴールには程遠いことは間違い無いでしょう。

ゴールへの最短距離到達の方法

サービスをする回数 × 単価 >>> サービスを受ける回数 × 単価

具体的に何をすれば良いだろう?

結論から言うと

得意なことを仕事にする。

これに尽きると思います。

得意なことが無い場合、得意なことを作れば良いだけです。

私は、「英語」「プログラミング」さえ出来れば、「時間を自由に使えるようになること」が可能になると考えています。

「英語」「プログラミング」の重要性

なぜ、「英語」「プログラミング」がキーポイントになるのでしょうか。

今の日本社会の現状を見てください。都内では当たり前のようにコンビニで外国人の方が働いています。今の日本は少子化の波を止めることができません。当然、働き手は減っていきます。

今年の4月の法改正で、外国人労働者の受け入れが拡大するが決定しています。入管法改正案では、新たに2つの在留資格がつくられ、14業種での就労が可能になる予定です。

つまり、2〜3年後には日本語が十分に話せない外国人と一緒に仕事を共にすることが現実化しているわけです。

そんな中で「英語」を話せることの重要性は高まるはずです。

「プログラミング」も同様です。エンジニアの数は慢性的に不足し、外国人へ開発を依頼するオフショア開発企業が躍進しています。AIが発達し、プログラマーの必要性すらなくなることを危惧している有識者もいますが、どれだけ実現可能性があるのでしょうか。

現に、エンジニアの単価は上がり続けています。私もベトナムでオフショア開発系の企業にいましたが、彼らの給料も加速度的に上がっており、スキルも日本人と同等もしくはそれ以上のエンジニアも数多くいます。

つまり、言語の壁を破壊できる「プログラミング」と世界共通語の「英語」が出来れば「十分なお金を稼ぐこと」が可能になります。

「英語」を習得するためにはアウトプットが必須

日本の英語教育の異常性は、インプット偏重型のその教育方針でしょう。

どれだけインプットをしても、アウトプットを疎かにしていれば、英語を話すことは一生できないことでしょう。

  • 単語を覚える・文法を覚える = インプット
  • 話す・書く = アウトプット

そのアウトプットの回数を増やすためにオススメするのが『HiNative Trek』です。
何かを学ぶ上で、最も重要なのは「疑問を疑問のままにしない」

『HiNative Trek』で全ての疑問を解決させる

「疑問を疑問のままにしない」それを解決できるのが『HiNative Trek』です。

例えば、「このお店のおすすめは?」と英語で言いたい時、とっさに頭に浮かぶでしょうか?

私もベトナムにいた時はひたすらオンライン英会話でフィリピン人の講師と会話していました。なぜなら、ベトナム人の英語が理解できない・話せない状況を打破したかったからです。

この時、気付きました。アウトプットを定期的に行わなければ、語学の取得は程遠いことを。

HiNative Trekについて詳しく見る

英会話教室の弱みと『HiNative Trek』の強み

私はオンライン英会話以外にも、リアルの対面式の英会話教室に通ったこともあります。その上で、英会話教室の強み・弱みと『HiNative Trek』の特徴を比較したいと思います。

  HiNative Trek 英会話教室
メリット 英語習得に必要なアウトプットの練習を毎日行なう。予約不要でアプリ上でできる。
アメリカ人講師が多い。質の担保やモチベーションコントロールの実績があるところが多い。
デメリット
リアルタイムな会話ができない。
通うのが大変、高い、時間の絶対数が足りない。
予約 必要なし 必要
場所 選ばない 決まった場所
復習 オンラインデータで何度でも見直せる 紙のデータで一回限り
料金
9,800円/月
マンツーマン
平均 20,000円~/月

何を言っても、自分自身のモチベーション維持をするのが一番重要だと思いますが、これをうまくバランスを取れるのが『HiNative Trek』の特徴だと思います。

英語のリーディングやリスニングといったインプットスキルは、通常の学校教育でも伸ばすことが可能です。一方でスピーキングやライティングのアウトプットスキルは、現代日本の英語教育では完全に抜け落ちている部分です。

『HiNative Trek』で英作文やスピーキング練習により、アウトプットスキルの向上に期待できます。

大手英会話教室では、一般的にテキストベースの教材を使用し、一回限りの学習になっていて、最も大切な繰り返し学習に適していません。『HiNative Trek』であれば、スマホの中にデータが集約されているので、いつでもどこでも復習ができます。

これだけでも、十分試す価値はありますが、料金もお手頃の9,800円/月と1万円を切るのが嬉しいところです。年額プランでは8,167円/月と2ヶ月分もお得になるのも見逃せません。

1日あたり約400円の投資であなたの人生が変えられるのに、今やらない理由がないでしょう。

HiNative Trekについて詳しく見る

『HiNative Trek』の口コミと評判

めちゃめちゃ評価高いです。電車の中でゲームをするより、自分に投資するのが最善だと皆さん気付き始めたようです。もう無駄な時間を限りある人生に消費するのはやめにしませんか?

HiNative Trekについて詳しく見る

『REBORNワーホリ』で本物の英語体験をする

初めに言うと私は、ワーキングホリデー(ワーホリ)は未経験です。

未経験の私がなぜ、ワーホリをオススメするかと言うと、なんと言っても、その“海外経験”です。

私は、ベトナムに海外留学経験なし、英会話も満足にままならない状態で渡り、本当に苦労しました。ベトナム語訛りの英語が全く聞き取れず、そんな自分に嫌気が差していました。

日本で暮らしていると、コミュニケーションが取れない経験はないですが、いざ海外に行き、生活しているとコミュニケーションが満足に取れないと、自信がなくなり、仕事も上手くいかなくなります。

この時私は思いました。本物の英語を学んでおくべきだったと。

私は今の高校生、大学生、社会人全ての方に、海外留学、ワーキングホリデーを推奨したいです。なぜなら、本物の英語を学べるからです。

国も海外留学経験者を増加させることを望んでいる

文部科学省も第2期教育振興基本計画(平成25年6月14日閣議決定)において、「外国語教育、双方向の留学生交流・国際交流、大学等の国際化など、グローバル人材育成に向けた取組の強化」を推進し、急速に進むグローバル化の波に日本が取り残されないようにと、躍起になっています。

具体的には、海外留学経験者を2012年の14万人から2020年までに30万人に倍増させることを目指しています。

「グローバル人材」とは何か

よくニュースでも目にする「グローバル人材」とは一体なんでしょうか?

私は以下の3つを習得できている人のことを「グローバル人材」と定義します。

  • 語学力
  • 実践力
  • 海外で稼ぐ力

何と言っても、お金を稼がないと生きてはいけないです。そのためには、他人とは異なる経験が必要だと考えています。他人と同じことをしていても、差別化できません。

他人とは違う道へ進もう

ワーキングホリデーが他人とは違う道へ進む第一歩

私は、ワーキングホリデーが他人とは違う道へ進む最善の方法だと考えています。果たして、どれだけの日本人が、海外で就労経験があるでしょうか。

2017年に発表された政府の海外在留邦人数(海外に在留している日本人)調査によると、135万人で、前年より1.3万人(約1.0%)の増加となったそうです。現在の日本の就業者数6,709万人であることを考えると、2%となります。

これが多いと思うか、少ないと思うかはあなた次第ですが、この2%の日本人は、明らかに少数派です。つまり、少数派であるため、他人とは異なる経験を積んでいて、稼ぐ力があると私が考えています。

そして、そんな海外での就業経験を積めるワーキングホリデーを見逃すわけにはいきません。

ワーキングホリデー = 遊び?その概念を破壊する

ワーキングホリデーと聞いて、あなたはどんな感情を持つでしょうか。

ただの遊びで海外に行った?本当に英語身に付いてるの?

本物のワーキングホリデーを体験するなら『Rebornワーキングホリデー』をおすすめします。

なぜならオーストラリアとニューヨークの2カ国で海外体験が積める。そして、渡航前にもしっかりとした英語の土台をつけるために、Communicationサロンと呼ばれる、トレーニングも。渡航後には、日本料理店で働くような中途半端な経験ではなく、現地の法人企業にインターンシップも受けられる。

世界では英語はできて当たり前の世界です。その次のフェーズを『Rebornワーキングホリデー』で狙いに行きましょう。

まずは、資料請求をして、他社のワーホリ斡旋企業とどこが違うのか比較してはいかがでしょうか?

Rebornワーホリについて詳しく見る

英語がダメならプログラミングで道を切り拓こう

私は26歳まで、プログラミングの基礎すら知りませんでした。

今、SE/プログラマーと呼ばれるエンジニアの給料はどのくらい上がっているがご存知ですか?厚生労働省とDODAの平均年収調査によると、SEと全業種平均を比較するとこのような結果になるそうです。

年齢 社内SE フリーランス 日本全体の平均年収
20代 378万円 696万円 346万円
30代 523万円 798万円 455万円
40代 652万円 858万円 541万円
50代 687万円 630万円 661万円

いかに、エンジニア職の給料が高いかお分かりになるでしょうか。

それでは、エンジニア/プログラマーになるにはどうすれば良いのでしょうか?特別な技能が必要なのでしょうか?

未経験からプログラマーになれる時代

20代でフリーター、プログラミング未経験からの転職率95.1%を叩き出しているのが、グルーヴ・ギア株式会社の『GEEK JOB 転職コース』です。

その実績はサービス参加者の71.6%が、パソコンをほとんど触ったことがない初心者からスタートして、その後、エンジニア系への職種へ転職しています。その成功率が95.1%

なぜこんなに高い転職率を実現できているのでしょうか。それは、『GEEK JOB』の就職支援 × プログラミング学習支援 × エンジニア不足でしょう。

経済産業省が提出した、将来的なITエンジニアの大幅な人材不足の試算レポートによると

2020年:36.9万人不足
2030年:78.9万人不足

という、衝撃的な人材不足が生じるというのです。

これだけ、エンジニアが不足している背景として、少子化に加えて、以下の新しい分野で深刻な人材難となることが予測されています。

  • ビッグデータ
  • 人工知能(AI)
  • IOT
  • ロボット

石の上にも三年の嘘を信じるな

日本のことわざで「石の上にも三年」という、がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえがあります。これを信じて今働いている人はいますぐ、この呪縛から解き放たれるべきです。

なぜなら、「石の上にも三年」を信じて膨大な時間を無駄にした私がいるからです。

今すぐ、自分の好きな仕事を始めよう。

『GEEK JOB』ならプログラミングだって、無料でしかも就職支援までついて、さらに最短1ヶ月で優良企業に転職できるのに。

時間は待ってくれません。

GEEK JOBについて詳しく見る

最後に

もう、他人の時間を生きるはやめよう。自分のためだけに時間を使い、お金を稼いで、時間という縛りから抜け出そう。

「残り時間を考えよ」