アニメだけの「海外の反応」をまとめた『アニはん』が生まれました!こちらをクリック

海外の反応「ビーチシーンはもっと…」アニメ『恋する小惑星』5話

こんにちは。うどんくん(@chokkanteki)です。

今回は、2020年冬アニメ『恋する小惑星(こいするアステロイド)』5話に対する海外の反応をご紹介します。

前半は皆さんお待ちかねの水着回!夏休みを満喫するメンバーたち。あおとすずの心理的距離が近くなりました。後半は伊部先輩、桜先輩にスポットが当たりましたね。

2020年冬アニメ
海外の反応はこちら 

第5話「それぞれの夏休み」のあらすじ

すずの提案で海に遊びにやって来たみら、あお、イノ。みらの親友の座を賭けて、すずとあおが勝負!その結果は…。。また別の日、みらは桜と2人で「ミネラルショー」に出かける。桜は様々な石を前に大興奮だったが、「受験勉強に身が入らない」とこぼす。将来への具体的な目標がないことに悩んでいたのだ。夏休みが明け、文化祭の準備が始まって…。

TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト

Source reddit

アニメ『恋する小惑星(こいするアステロイド)』5話に対する海外の反応

  • すずは期待を裏切らない。最初の場面ですずとあおがみらをめぐって色んな競争をしているところは本当に笑えた。結局三人で親友になることにして、第一話ですずがみらに向けていたのと同じ笑顔を、あおにも向けることになるところがとても良かった。
  • さくらとみらの疑似デートは素晴らしかった。彼女達がギャグをとばしているシーンは本当にかわいくて好き。さくらが鉱物展で、売り子の外国人と英語で話していたシーンには本当に驚き。このアニメではエバみたいな脇役のキャラクターまで、なんて愛らしいんだろ。
  • あれは俺が今まで見た中で、最速で解消したやきもちの話だぞ。修羅場はないが、すずがあおに嫉妬し出してすぐに彼女は行動に出た。あおがすずの細かい感情に気付いて無かっただけなのだが。今では三人で親友ってことで速攻解決。あおはボーイフレンドは見つけられないだろうなあ。かわいそうに。
  • あの顔はまさしく、想像の中でボーリングでストライクを出した顔だ。
  • 毎回違った衣装で出て来る彼女達を見るのが本当に楽しみ。本当に毎回違う格好で登場するのを見ていると、彼女達をよりリアルに、本物の存在みたいに感じられるんだ。
  • ボーリング調査に関するエピソードはなかなか面白かった。
  • 「みらの親友の座をかけて、三本勝負」っていうよく分かんない提案に、あおはまんまとのっちゃうんだよな・・・。
  • このアニメはもともと天文学の分量の方が多いアニメなんだと思うけど、今のところ地質学と天文学の分量が同じくらいなのが嬉しい。ビーチでのシーンは楽しめた。予想外だったさくらとみらのデートはかわいかったぞ。
  • 第五話は面白かった。そんなに沢山の出来事があった訳でもないけど、さくらの全体像を見れて良かった。ツンデレ・キャラな見かけだけど、根はとてもいい子なんだと思う。
  • あおはかわいすぎて、非のうちどころがない。

  • ビーチシーンはもっと長ければ良かったのに。でもとても楽しかった。第五話では新しいキャラが出てくるのもナイス。かわいくてかなり上手な英語もあり。いつものようにオモロかわいいエピソードが満載だった。来週は文化祭がどうなるのか楽しみだな!
  • 第五話が三つのパートに分かれているところが気に入った。ビーチでのエピソード、さくらとみらが鉱物の展覧会に丸一日出かけるところ、それから文化祭に備えるところ。それぞれがとても良質な動画とセリフでできていた。第五話もいつものように素晴らしい出来だ。
  • ビーチのエピソード終わるの早っ・・・。
  • すずは親友以上の関係を求めているように見えるんだけど・・・。
  • 実際、英語のシーンは素晴らしかったっす。
  • 小さいサンプルに20万円? O_O
  • 私も飾るためにビスマス結晶が欲しいな。
  • そうだ今年もバニーガールのコスプレやってくれ!
  • 誰かが鯉に物理学にちなんだ名前を付けたところが好き♡
  • それは容疑者を見つけるための重要な手がかりだ。窓から誰かを吊り下げたりするまでもなくね!
  • クソッ すずが他の子達に比べてはるかに大人っぽいスタイルだなんて思いもよらなかったぞ。
  • いの先輩はイブちゃんを狙ってて、さくらはモンロー先輩でとりあえず手をうつに違いない。
  • 二人の新しいキャラクターの登場だ。今のところ主要メンバーやすずほどキュートではないと思っているが、最後には気に入っちゃうのかな。お手並み拝見といったところ。ヤンデレ(病んデレ)のモンロー先輩だけれど。地学部はジオカフェをやるようで、なかなか面白そうだ。

3 COMMENTS

匿名

宇宙はともかく、「地質」ネタなんて今までなかったやろうが。
博物館趣味のものとしては、今までにない濃さだと思うぞ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。