『異世界かるてっと2』12話(最終話)に対する海外の反応「終わりにふさわしい」

異世界かるてっと2 12話

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、2020年冬アニメ『異世界かるてっと2』12話(最終話)に対する海外の反応をご紹介します。

『異世界かるてっと2』の海外の反応

2くみによる舞台はつつがなく進む。一方の運動場ではアクア、アルベド、エミリア、ヴィーシャがデストロイヤーとの激しい戦闘を繰り広げていた。劇と戦い、そしてこの学園生活の行方は…。

アニメ『異世界かるてっと2』12話(最終話)に対する海外の反応

みんながアクアの強大で破壊的パワーのことを忘れてると思うとなんかウケた。私が思うにアクアの展開を書いた脚本が視聴者の意表をつく形になって良かった。(駄女神)笑
普通のアニメで、誰かに悪い噂されてるとくしゃみをするって流れだけど、アルベドの場合はくしゃみの代わりにゴリラ並みの力を手に入れるという結果に。このシーズン見て感じたのは、学園祭が生徒にとってどれだけ大事なのかってことと、何があっても全部学校側が責任を負うんだろうなってこと。決まった設定でしか見たことなかったレムとラムのキスシーンを場外で見ることになんか違和感。
デスナイト君がオープニングの最後の方でダンスしてるところがこのエピソードの一押しポイント。
悪質なシンデレラとツインセスト。っていう設定だったんだよね? エミリアがめぐみんのセリフを書いて、めぐみんがエミリアに魔法を使う際に詠唱を薦めてたのが良かった。
アクアの今回のゴッドブローがシーズン1のカエル1匹倒すのに見事失敗した時と同じ結末をたどると予想したのは僕だけ?
ラムとレムのキスシーンがシーズン3放送発表よりもショッキングだった。
ブロンドのシャルティアってなんか別人に見える。
ヴィーシャがターニャの副官として、みんなに的確に指示してたのに感動。ターニャが不在でも十分優秀なリーダーになれるって言う意味がよーく分かった。アルベドが強いのは知ってたけど、ここでは単にデストロイヤーを潰しにかかるヤンキーに見えた。エミリアの突撃シーンにはワクワクしたけど、密かにリゼロの19話?でやったみたいな詠唱をして欲しかった。ターニャの上司(名前忘れちゃったけど)が出てきて戦ってるキャラを勇気付けようとしてたシーンもよかったし、レルゲンはデミウルゴスをひたすら推してた笑 生粋の悪魔にもかかわらず、他の演者全員が狂気の沙汰だから、まともに進行できるのは彼だけって理由で。トータルスコアは100点中80点。
みにくいアヒルの子の劇が見られなかったのが残念!
異世界カルテット2期の終わりにふさわしいエンディングだった。新しい転入生のための椅子は足りるの?
凄く良い最終回だった、劇の場面がこの上なくサイコー、特にデミウルゴスのドレス姿と機動要塞デストロイヤーとの戦闘シーン笑 他キャラが攻撃かますのに忙しい中アクアは1人優雅に宴会芸を披露。技をかますところは最高にクールだったのに。また新シーズンが放送されるみたいで嬉しい。
ラフタリアの剣がどうやってデストロイヤーのパワーを吸収する機能を持ったんだ??
エーーーー? ハム助がまさかの女?これまで、オーバーロード視聴後にもかかわらず、完全に男扱いしてた。
レルゲンがデミウルゴスを献身に応援してるシーンが最高だった。レルゲンは劇を続けていられる唯一のまとめ役がデミウルゴスだとわかってたからなんだよな。
ヒロインキャラたちが一際目立つ戦闘シーンが最高にカッコよかった!シーズン1で男子キャラたちが活躍してたのと重なるな。シーズン3で聖哉とリスタの活躍に期待する!
シンデレラの劇中劇が面白すぎてずっと腹が痛かった。ダクネスの“それは床を拭くモップ!?” のくだりで出したセクシー声を聞いて笑いすぎて泣いた。あまりの笑いすぎで一時停止する羽目に笑
“これが女の戦いだからさ” にどハマりした。
アルベドとヴィーシャが2人で強力なバリアを張る素敵なコンビ姿を披露!異世界カルテット2期最終話は今までのエピソードと比べてもナンバーワン!

Source reddit

3 COMMENTS

匿名

>デスナイト君がオープニングの最後の方でダンス

あれアンコールだよね

返信する
匿名

>ハム助がまさかの女?

これはアニメ1期で言ってるよ。
メスだから繁殖せねば・・・って。

返信する
匿名

2期はやらなくてよかったレベルだなあ
まあ角川は宣伝も兼ねて続けたいのかもしれないが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。