『魔女の旅々』6話に対する海外の反応は?「サヤが怪しい」「俺は失神した」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、アニメ『魔女の旅々』6話に対する海外の反応をご紹介します。

白石定規が2014年にAmazon Kindleにて自費出版した作品が原作です。魔法が存在する中世のような世界で魔女イレイナが旅をするストーリー。

ほかの『魔女の旅々』の海外の反応記事はこちら

6話「正直者の国」のあらすじ

正直者の国――そこは国王が持つ不思議な剣の力で、
嘘がつけなくなる国。
一見普通だが、住民は静かで、殺伐とした空気が漂う街に
疑問を抱いたイレイナは、嘘をつくための法則性を調べることに。
そこでひとりの魔女と再会する。

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

アニメ『魔女の旅々』6話に対するTwitterの反応



『魔女の旅々』5話に対する海外の反応は?「ほのぼの回」「素晴らしい演出」「ちょっと怖い」
次のページ
1 2

15 COMMENTS

匿名

紙に細切れで文章書いてつなぎ合わせて嘘を付くまでは可能として、「門番の本当か」の
質問に「この国では嘘は付けない」と言うのは本当だけど行動は嘘になるからムリなのでは?

返信する
匿名

行動までは制限されていない。あくまでも制限されてるのは「嘘を言う」「嘘を書く」という行為だけ。
ちなみに細切れでつなぎ合わせるのはアニメの改変。
原作だと文章を完成させてから文字を削って別の意味にする形であれば魔法にかからないという穴をついたものだった。
例えば「わたしはうそつきではない」という嘘を書きたい場合は「わんたんしんはうんそんつんきんでんはんなんい」みたいに余計な文字を加える。
魔法の改変が起きるのは「嘘」に対してだけなので、この文章は「意味不明な文字の羅列」として認識されてスルーされる。
あとは余計な文字「ん」だけを消せば「わたしはうそつきではない」という嘘文章が完成する。

返信する
匿名

パン屋のおばさんがこれは焼き立てかって主人公が聞いた時ウンウンって頷くウソやってたじゃん。

返信する
 

相手の勝手な勘違解釈なだけだし、何に対して「本当か?」と問いているけどそれには答えず(国民の黙っていた状態と同じ)、返答でなく「この国で嘘はつけない」と本当のことを言っただけだから(要は会話のように見えるけど会話してない)、別に矛盾もなく不思議じゃないと思うよ

返信する
匿名

サヤはピクシブ百科あたりの記事を見ればわかるけどはっきりいって超弩級変態のクレイジーサイコレズ。
イレイナが他の女の子に一年以上前に渡したハンカチや手紙を見てその女の子がイレイナと接触したことを知らないのにイレイナの匂いや気配を察知してクンカしたり、伝説の魔女が20年以上前に残した文字を見てイレイナ母のことも知らないのにイレイナの遺伝子を感じ取って興奮したり、イレイナのグチョグチョな薄い本展開を妄想してそれを自分の師匠に普段から披露したり、いろいろとやばい。
他のレズ達からもイレイナの貞操が危ないとドン引きされるレベル。

返信する
匿名

遅ればせながらホウキがしゃべってくれれば面白いのにと言うコメントを書きたくなったよ
本当にキノの旅と比べるとバイクかホウキかの違いだよね

返信する
匿名

アニメでやるかは不明だけど一応喋るエピソードもある
でもキノみたいな関係性期待すると肩透かし食らうかな
あれは2人の個性があってのコントだからね

返信する
匿名

今日マルタ島在住邦人の方のツイートであれがマルタ島の名物パン、パスティッツィであると判明した
現地のアニメファン達は地元のパンが出てきたことで大喜びしてるとのこと

返信する
匿名

って言うか、最初文字で嘘つくシーンは一旦魔法の影響下外に出て書いてから持ち込んだモノと思ったわ
(手っ取り早そうだからな)

返信する
名無し

てか外国人は途上国に旅行して知り合った人とかの苦境を知って助けたりするんだろうか?

最後まで責任も取れず介入出来ないのに首を突っ込むなは旅行者なら当たり前の対応だと思うがな。
また介入してしっぺ返しくらうのも旅行の醍醐味ではあるんだが

まぁイレイナを糾弾してるのはめちゃ偽善よね

返信する
匿名

正式に依頼されて、自分の手に負える範囲なら手を貸すだろう
頼まれてもない、もう手遅れのことに首突っ込む奴はどうかしてる
今回みたいに知り合いに依頼されて、どうとでもなるのなら手を貸すのが自然

イレイナの性格は真っ直ぐとは言えないが、旅人としては別に普通だと思うけどなぁ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。