『アクダマドライブ』6話に対する海外の反応は?「アクダマドライブはマジで傑作」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、アニメ『アクダマドライブ』6話に対する海外の反応をご紹介します。

遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。 カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。 しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。 その犯罪者を アクダマ と呼ぶ ―。

6話「BROTHER」のあらすじ

カンサイまであとわずかという時に、アクダマたちのもとへ単身乗り込んできた処刑課師匠。怪我も完治しないまま、己のプライドを賭けてアクダマたちに襲いかかる。願ってもない再戦に興奮する“喧嘩屋”。だが、その圧倒的な力を前にアクダマたちは徐々に追い詰められていく。“チンピラ”は、一度撤退し態勢を整えるべきだと主張するが、引くことはできないという“喧嘩屋”。矜持と矜持、覚悟と覚悟のぶつかり合いの行方は……。

© ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会

アニメ『アクダマドライブ』6話に対するTwitterの反応



次のページ
1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。