アニメ『アクダマドライブ』12話(最終話)に対する海外の反応「2期はまだかな?」

アニメ『アクダマドライブ』12話(最終話)に対する海外の反応

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、アニメ『アクダマドライブ』12話(最終話)に対する海外の反応をご紹介します。

遙か昔、カントウとカンサイの間で戦争が起き、世界は分裂した。 カンサイはカントウの属国となり、独自の発展を遂げていった。 しかし、政治と警察力は衰退し、犯罪が横行。 その犯罪者を アクダマ と呼ぶ ―。

12話「アクダマドライブ」のあらすじ

アクダマの処刑と“兄妹”の確保に躍起となった処刑課は、カンサイへの影響など顧みずシンカンセンを爆撃。なりふり構わないやり方で“一般人”たちを追い詰める。かろうじて生き延びたものの、ボロボロの体となった“一般人”と“運び屋”。処刑課の包囲網もすぐそばまで迫っていた。“兄妹”を最後の希望「シコク」へ送り届けることは、もはや叶わないのか? 退路を塞がれ、絶体絶命の窮地に陥る中、“一般人”は覚悟を決める。

© ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会

アニメ『アクダマドライブ』12話に対する海外の反応

正直オレはこのアニメがほとんどのキャラクターたちを殺した時すごく嫌だったんだけど、でもハマったよ

検閲なしのBDバージョンがでたら全部見直すのが待ちきれないよ

続編があってほしいけど。それでもすごく満足できたけどね

オレの今期ベストアニメ!

このアニメこれで終わったの?

アメージングなアニメ。エンディングはすごく悲しかったけどそれと同時に最高だった。最後の運び屋のシーンは本当に本当に本当に良かった。一流のアニメーション。オレは詐欺師が恋しくなるよ、ファンタスティックなメイン・キャラクターで全体的に最高な人間。彼女や他のキャラクターたちの名前を知ることができないままだったっていうのはクレイジーだよ。
それと、f**kカントウ。

このエンディングは間違いなくアメージング。このアニメはその後何が起こったのがを見せるだけでも2期を作るのに本当に値するよ。オレはそれが最高のストーリーになると思うよ。

たくさんのケチャップとトマトスープ

詐欺師はオレにとって今年のベストガール。このアニメが始まるまではデカダンスのナツメが今年のベストガールだったけど、我らが詐欺師がナツメを抜いてトップにきたよ。ベスト詐欺師・一般人・アクダマ。

ハマるまで数話かかったけど、そのあとは本当に良かったよ!すごく楽しめるアニメ。

オーケイ、で、オレは詐欺師と運び屋のハッピーエンディングにもできたと思うけど、このエンディング…そして彼らが手を握りながら歩いてたエンディング…。オレが今まで見てきた中でベストアニメの一つだよ。

なんてアメージングなアニメ
このエピソードを見てる1分1分が最高に感じたよ

で、あんまりはっきりしなかったんだけど:一般人の女の子はハッカーが彼女に残した何かを使ったのか?それともカントウがそうした?だって、ウサギとサメはカントウのプロパガンダだよな。
暴動を起こした目的はなんだったんだ?

そう、あれは前回のエピソードでのハッカーからのギフトだよ。ウサギとサメに彼のドローンのシンボルが見えるよ

今まで見てきた中でオレのお気に入りアニメの一つ。オレはこれが10点中9点か10点で悩んでる。正直、アート、音楽、キャラクター、ストーリーそしてアニメーションにオレは感動したよ。今期のダーク・ホースだね。アクダマドライブはおそらくオレの2020年のお気に入りだな、アメージングな驚きだったよ、特にアニメ・オリジナルとしてはね。

このアニメはオレにとってパーフェクトなクリスマス・ギフトだったよ。Wow、このエピソードの間、自分が6回も泣いたなんて信じられないよ。
詐欺師の十字架での死はイエス・キリストの死をすごく象徴してるな、そしてそこにEDがきた。

楽しくてエナジェティックな展開だった!間違いなくワンクール・アニメの中でベストアニメの一つだね

今期のベストアニメ

エンディングは満足できたし、いろんな解釈の余地もあるね。
たぶん、彼らの目的地はエデン的な場所か完全に荒廃した場所じゃないかな。
このアニメは続編があるにしてもないにしてもいずれにしてもいい終わり方だったよ。10点中9点だね。

オレはキャラクターたちの起源、そして何が彼らにあの道を選ばせたのかを見せるために2期かOVAを作るべきだと思うね。…これは傑作アニメだったよ!!!

で、子供たちは安全になるのか?何が処刑課たちが子供たちを追うのを止めさせるんだ?

処刑課たちは市民に殺されたんだと思うよ。

最高のアニメだった。オレはすべての瞬間を楽しんだよ。

バカげたどんでん返しとかはなくて、ストレートに残されたポイントにいった。アメージングな展開だったよ。

あれはマジでアメージングなファイナル・エピソードだった。オレは実際、詐欺師が死んだとき泣いたよ。彼女はダントツでオレのお気に入りキャラクター。

翻訳元:reddit

11 COMMENTS

匿名

固有名詞を使わなかったのは、なんでだろう
名前あったほうがキャラ人気あったと思うのに勿体ない

返信する
匿名

そしたらエンディングのキャスト欄が最終回に一般人から詐欺師に変わる演出が使えないじゃん?
名前というアイデンティティが廃された世界である、という解釈もできるし
名は体を表す、を遺憾無く表現できる

返信する
 

処刑課は一般人を罰せないし手が出せない、それを防ぐための警察署長がアクダマ指定する手も署長が自死した時点でなくなったから、ただ単にやられる一方なんだよね。
要はジャンケンと同じ三竦み状態(処刑課→アクダマ→一般人→処刑課)の出来上がり

返信する
名無し

 面白かった!
 レンタルでは規制がはずされるのかな?
 販売版の最終話で五分くらいのオリジナルが入るらしいけど、何を描くのか?
 気になる。

返信する
匿名

SFとしてはえらく古臭いけどなかなか思い切った作品で楽しめたよ
しかし詐欺師の「どんどん大きくなる紅い輪」はなんの意味があったんだろ?
2期が蛇足なのは同感

返信する
真っ赤な輪っかのテンシ

>どんどん大きくなる紅い輪

客観的に詐欺師が特別の存在だったかは不明。殺人鬼にとってはコロすのが普通の事だったのが特別が大きくなり過ぎてコロすにコロせなくなったのを可視化したものだろう。

返信する
ななし

ウサギとサメ(ワニ)と言えば因幡の白兎だけど、何か関係あったんだろうか?

返信する
誰が為の嘘本当

処刑課とカントウとの通信室天空の間がかつてあったとされる出雲大社がモチーフ。
因幡の白兎は大国主の話で出雲の祭神は大国主神。
ウサギちゃんとサメくんの後ろに誰がいて、何の為の放送かのヒント。

返信する
匿名

主人公が死んでここまで心が動かなかったアニメは初めてだ
まあでも割と面白かったよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。