山本アンドリューが監修したYouTubeチャンネルができました

『ヴィンランド・サガ』8話に対する海外の反応「トルケルまじやべぇ!」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、アニメ『ヴィンランド・サガ』の第8話「海の果ての果て」に対する海外の反応をご紹介します。

2005年から「週刊少年マガジン」より連載が開始した『ヴィンランド・サガ』。スペースデブリの掃除屋を描いたSF漫画「プラネテス」でも有名な幸村 誠(ゆきむら まこと)によって、北ヨーロッパのヴァイキングたちを描いた歴史漫画が『ヴィンランド・サガ』です。そんな『ヴィンランド・サガ』のアニメ化制作を担当するのは、監督 籔田 修平が率いるWIT STUDIO社。

3話連続放送で一挙にファンの心を鷲掴みにした本作品、久しぶりの放送とあって海外でも待ち焦がれていたと言った感想が多くみられました。

『ヴィンランド・サガ』5話に対する海外の反応「アシェラッド兵団カッケー」

第8話「海の果ての果て」のあらすじ

フランク族から奪った財宝を手に、冬越しのためデンマーク・ユトランド半島にあるゴルムの村へ帰港したアシェラッド兵団。
フランク族の小競り合いの時、隊長首をとった褒美として、トルフィンはアシェラッドに決闘を挑む。
数々の戦場経験を積んだトルフィンは兵団を唸らせるほどまで成長していたが、それでもアシェラッドとの差は歴然だった。

TVアニメ「ヴィンランド・サガ」公式サイト

引用:MyAnimeList

第8話「海の果ての果て」に対する海外の反応

アシェラッドは自分のファンクラブ持ってるのか、どこまでも遊び人だな。
アクションシーンは少なかったけど、たぶん今まで一番好きな回だったな。アシェラッドも強くなってたし、皆の王者って感じだな。(トールズの村での存在感みたいな)アドレナリンが出るようなアクションシーンより、彼らの文化とかをもっと見てみたいな。
最後にトルケルがカジュアルに斧を投げて大勢倒したとこヤバい(笑)次回はめっちゃおもしろくなりそうだね。
今回おもしろかったな。トルフィンが優秀な兵士になっても、お父さんの死に関してはやっぱり感情的になるよね。あと、トルフィンと奴隷のシーンも良かったな。トルフィンがどれだけの痛みを抱えてきてるのかがよくわかる。
ついに今期最高のキャラが登場したね!トルケルまじやべぇ!
戦闘では強くなってるかもしれないけど、アシェラッドの挑発に乗らないくらい大人にはまだなってないみたいだね。マジでアシェラッドを負かすくらい有能な戦士になるには、お父さんの死を乗り越えないとならないな。
最初の村のシーンすごく好きだな。人を容赦なく殺すようなバイキングでも愛されて気にかけてる人たちがいるんだもんな。
アシェラッドのファンクラブがあるなんてなんかウケる。
アシェラッドはトルフィンの事をどうゆうふうに思ってるのか気になる。もちろんただのコマとしか思ってないだろうけど、それだけなのかな。
やべぇ、トルフィンと奴隷のシーンはガチでキツイ。トルフィンが最初に登場した時とイルヴァの年齢って同じだよね。恐いな。
今回のエピ―ソードは本当に良かった。アシェラッドのキャラがまじですごい
全体的に良かった。トルフィンが決闘に負けた後にアシェラッドが何か意味深なメッセージとかあってほしかったな。
決闘シーン最高だし、アニメーションも素晴らしかった。トルフィンがアシェラッドの挑発に乗っちゃうのは目に見えてたね。めっちゃ煽ってまんまとはまってたな。これで何か学んだといいんだけど。
トールズの夢のシーン良かったな。あとトルフィンがヴィンランドの話をするのもすごく好きだった。
まだ新しいキャラの面白いとこは見えてこないけど、これはちょっと期待できそうだね。
夢だけどトールズが戻ってきた!!彼がいるからこのアニメを見てるようなもんだよ。どんなにトルフィンが成長したとしても、お父さんには敵わないだろうね。
アシェラッドはトルフィンを挑発するのに適格な言葉を使ってたな。トルフィンは復讐に燃えてるだけで、めっちゃ簡単になじられてたよ。
ボートでのトールズのシーンめっちゃ感動したよ。
ぶっちゃけあんなに簡単にトルフィンの罠にひっかかるなんてちょっとイラっとしたよ。
今回は静かなシーンの方が好きだったな。このアニメはこうゆうシーンでうまく見せてるよね。
ヴィンランドサガのキャラにストーリー、世界観にまじでハマってるよ。
今回はかなりトルフィンの性格が見えてきたエピソードだったな。全体的に最高の回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。