『慎重勇者』5話に対する海外の反応「聖剣を取るか、ロリを取るか」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、2019年秋アニメ『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』5話に対する海外の反応をご紹介します。

『慎重勇者』4話に対する海外の反応「作画も良い」

第5話「この女神が不気味すぎる」のあらすじ

聖哉はマッシュとエルルを仲間にするも、いつものように神界へ。
今度は不気味すぎる軍神アデネラに稽古をつけてもらった後に、
伝説の武器を求め、竜族の村へ向かうのだが……

慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 公式

引用:Reddit

アニメ『慎重勇者』5話に対する海外の反応

エルルが放った矢をあのフェニックスが「うぜぇ蝿だな」とでも言わんばかりに払い落とした場面には超笑えた。
軍神が引きこもりからヤンデレに一瞬で進化したね。
最強の剣を錬成する為にエルルを犠牲にしようとする展開は残酷だったし、どこから降ってわいた設定だ?我らの勇者がどんな抜け道を使って剣(それか、もっといい装備)を手に入れようとするのか気になる。
あのヴァルキュレって女神はセクハラのオンパレードでイカれてるとしか言いようがない。
かわいそうなエルル。ヘスティカから何も学び取る事ができなかった上に、自分が聖剣になる為の生贄として運命づけられていたなんて…
ヘスティカ、ヴァルキュレやアデネラをもう一度見たいな。アデネラに関しては、再登場するときに情緒が安定しているといいけど。
もし聖哉とヴァルキュレが稽古したとしたら、聖哉はどんな方法でヴァルキュレに勝つんだろう?

てっきり、あの洞窟には罠が仕掛けられていたと思ってた。それか、敵による奇襲とか。慎重にならないとね。

自分も全く同じこと考えてた。
聖哉に影響を受けているのはどうやらマッシュだけじゃないようだ。
聖哉の慎重さは病的だけどいつも正しいってところが気に入ってる。
だから魔王も序盤から四天王を送り込むくらいだし…
魔王もありえないくらい慎重…なのかな。
松明を500本も注文するなんて。聖哉はマインクラフトを相当やりこんでいるに違いない。
「聖剣だと?笑わせるな。超いらん、結構だ。荷物持ちは必要だが」
とかいいながら竜族の村を去りそう。あくまで予想だけど。
男っぽい百合女神、主夫男神、火のお姉さん女神、不気味すぎるヤンデレ女神…
神界のキャラが渋滞している。
「聖剣を取るか、ロリを取るか」
答えなんて分かりきってるだろ
今回のエピソードがあんな終わり方をするなんて思ってもいなかったよ。あの可哀そうな女の子になぜそんなにひどい仕打ちをするんだ?
聖哉は竜人村の提案を聞き入れないとは思うけれど、案外、非情な選択をするかもしれない。
ヤンデレ女神のところは超面白かった。あのケーキに罪はないと思うんだけれど…(笑)
剣神に克服不能なトラウマを与えてしまったせいで、彼は主夫になってしまった。
エルル…(泣)
今の所、彼女は聖哉とは真逆の存在だね。「才能がなければいくら修行しても無駄」っていうことを証明してしまっている。
竜人の村に帰るとき不安そうにしてたのも、戻ったら酷い仕打ちに遭うことに薄々感づいていたのかも。
もしかしたら考えすぎかなぁ?エルルは自分のレベルが低いことにコンプレックスを抱えていたみたいだし。
竜王母「非常に貴重かつ有益な装備を錬成する為に、パーティメンバーを一人離脱させますか?」
聖哉「ガチャかよ」
聖哉が条件に応じるとは思えない。
聖哉は病的なまでに慎重だから、「これは俺の人格を試されているのかもしれない」とか考えていそう。しかも、こんな条件を提示されたことで竜人母への疑いを深めるのかもしれない。
だって、子供を生贄にする為に外界に送り出す奴なんて信用できないだろ?
ぶっちゃけ、アイテム入手の為にエルルを生贄に差し出す聖哉が簡単に想像できるんだけど。
聖哉が普通に魔法を使ってあの門を開けるのかと思っていた。
「お前たちは俺の荷物持ち。それ以上の事は絶対にさせてやらん。」とでも言うのかと。
あの竜人族の子たちはクエストアイテムに降格されたってわけか(笑)

6 COMMENTS

匿名

タイトルがタイトルなんで見てなかったんだけど、見たら結構面白かった。すべて女神がツッコミ入れてしまうし、こういう物語って読みすぎて展開先読みする癖ついてるから、主人公がどう慎重な思考するかと自分が病的な慎重人間の思考させられてるのが腹立つな。(キャラがおバカならおバカがとる行動を考える…いやこの主人公もある意味バカだけどさ)

返信する
匿名

すぐもっと強い剣が出てくるからいらん荷物持ちの方が必要だってなりそう
最初のプラチナソード改を3本作ったところなのにってのが伏線じゃない?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。