『BEASTARS ビースターズ』8話に対する海外の反応「10点満点!」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、アニメ『BEASTARS ビースターズ』8話「犬歯に糸ようじひっかけるように」に対する海外の反応をご紹介します。

第8話「犬歯に糸ようじひっかけるように」のあらすじ

隕石祭の会場からの帰り道、ハルと揉めたレゴシは危険なオオカミとして駅員に追われ、駅の中を逃げまわるハメに。しかし二匹で走り回ったおかげでハルとの距離が少し縮まる。あの日ハルを襲ったのは自分だと打ち明けるべきか迷うレゴシだが、今の関係を大事にしたいがために、再び胸にしまってしまう。 ところが数日後。隕石祭の会場で停電が発生し、暗闇のなかでレゴシに抱きついたハルが口にしたのは、ルイの名前だった。

アニメ『BEASTARS ビースターズ』公式

引用:Reddit

アニメ『BEASTARS ビースターズ』8話に対する海外の反応

最後のシーンでハルと話すときに彼のしっぽがぐらついていないことに注意してみて。
これは本当の3Dアニメーションの頂点だ。
ジュノはオオカミの服を着たヒツジの擬人化であり、ルイでさえ時々彼女は肉食動物であることを忘れると言った…そうこのエピソードまでは。
レゴシは幸せではなかった。しっぽが振れていなかったな。
ジュノはユノと1ミリしか離れていない。彼女がハルを食べないことを望んでいるよ。
ハルがレゴシをルイと間違えた時は酷かった。彼のリアクションは自分の心を砕いたよ。彼はただどんなにそれが彼に衝撃的だったかを隠して演じて(ものすごく上手く)いるのが良く分かった。彼はハルが無事であったことに実際は喜んでいなかった。
レゴシがハルと最後にほほ笑んでいるのを観るのは嬉しかった。でも次に彼がルイを見る時の彼の姿が恐ろしい。殺意が強まる。
彼のしっぽを近くで見れば、いつも幸せな時に振れているようではないのが分かる。この時点で、彼が心の痛みを抑えているのが分かるよ。
最後のシーンはすごくいろんなレベルで悲惨なものだった。レゴシ、ジュノ、ハル、そしてルイをただ抱きしめたくなる。
ここに簡単な解決方法があるよ。
ハル × ルイ × レゴシと、ジュノ × ルイ × レゴシこの組み合わせどう?
捕食のペナルティって何があるんだろう。まだ言われていないと思うな。
ハルがルイを呼んだ時、レゴシの心が沈んでいる瞬間をすごく感じたよ。ああ、この話は自分に何をしているんだ。
ジュノとルイのシーンは本当によく演出されている。アニメーションからカメラのアングル、そして声の演技まで。
もう、この残りのシーズンが悪かったり何かがあっても(可能性は低い)このアニメは自分の今期最高のアニメになると確信しているよ。全てのエピソードが10点満点!
ジュノはレゴシがハルを好きだと知って今何をするだろう。うまくいけば誰もがむしゃむしゃ食べられて死ぬことはないでしょう。
レゴシがハルに真実を語らなかったことにイライラした。
誰か、レゴシとハルが走っている時に流れている歌が何か知ってる?
アートチームの茶色い猫がジュノがレゴシと話す時いつもレゴシをにらみつけているのに気づいたのは自分だけ?彼は完全に種を超えたジュノへの片思いをしている。
このシーズンの後にマンガを読まないことは不可能だ。
その男は孔雀だよ。彼は尾羽を持っていないの?
これは自分の正式な2019年秋アニメのお気に入りのサプライズギフトになったよ。

2 COMMENTS

匿名

英語での表記がLouisなんだろうけど、日本語に訳し直す時にルイではなくルイスにするのは違和感ある…

返信する
うどんくん

ご指摘ありがとうございます。
失礼いたしました。こちら修正いたしました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。