『デス・ストランディング』のトレーラーに対する海外の反応「コンセプト面白い」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、PS4から発売予定の『デス・ストランディング(Death Stranding)』のトレーラーに対する海外の反応をご紹介します。

小島秀夫と言えば、世界的に大ヒットしたコナミの「メタルギア」の生みの親とも言われるゲームクリエイターです。そんな小島秀夫から全く新しいゲームジャンルとも言えるゲームが生まれようとしています。それは『デス・ストランディング』。

発売日は2019年11月8日(金)に決定し、日本のみならず海外でも期待の声が広がっています。

『デス・ストランディング』の予告編に対する海外の反応「何このゲーム」

ゲーム『デス・ストランディング』について

伝説のゲームクリエイターである小島秀夫が帰ってきた。

PlayStation4の全く新しい、従来のゲームジャンルにとらわれないゲームがソニーから発売される。そのタイトルは『デス・ストランディング(Death Stranding)』。発売は現時点では未定。『デス・ストランディング』の意味はイルカやクジラなどの座礁(座礁鯨)を表しているという。イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの「無垢の予兆」の引用が多くみられることも謎を呼んでいる。

小島秀夫の代名詞と言えば、「メタルギア」だが、2015年にコナミを退社してからは、コナミが版権を持つ「メタルギア」から一線を引いていた。そんな中、2016年6月に発表された『デス・ストランディング』。第一弾のティザートレイラーから、2年がたち、ようやくその全容が見えてきた。コジマプロダクション初の完全新規タイトルとなるこの一作。企画・脚本・監督・ゲームデザイン全てを小島秀夫が担当する。ウォーキングデッドでその名を一躍有名にしたノーマン・リーダスが主人公に選ばれた。

死の潮流に包まれた「サム・ブリッジ」は、”デス・ストランディング”によって完全に変わってしまった世界で戦わなければならない。取り残された残骸を運びながら、「サム」は壊れた世界を取り戻す旅に出る。”デス・ストランディング”の謎とは一体なんだ?「サム」は今後どんなものを見つけるだろう?ジャンルにとらわれないこのゲームプレイの中に、この答えがある。

ステルスゲームという新しいゲームジャンルを作り上げた小島秀夫、今回どんな新しいゲームを見せてくれるのだろうか。

『デス・ストランディング』のトレーラーに対する海外の反応

世界滅亡後のピザデリバリー
“デス・ストランディング” = ウォーキング・シミュレーター
この混乱とミステリー感に包まれたゲームが好きだわ。コジマはやっぱレジェントっすわ
これが私のアマゾンプライムのデリバリーくんがいつも経験してるってやつ?
最初の3分間の俺「何だこれ運送会社のシミュレーターか?」
METAL GEAR SOLID: Fallout
このリアリズム、やばいって…うわぉ







ぶっちゃけ残念だわ。古いハードウェア(PS4)の限界がなければ、もっと上手くできただろうに
これは、Amazonの配達員で起きてることを忠実に再現してる
もう二度とAmazonで頼みません。すみません…
いつか、北極でもデリバリーできる日が来るんだろうな
「メタルギア6 ザ・ラスト・メールマン(郵便配達員)」の発売だ
まだ俺はコジマが実は自分のゲームについて、なにも知らないんじゃねえかって疑ってる
社員「新しいゲームって一体何ですか?」
小島秀夫「は?俺が知る頃には、客はみんなゲーム買ってんだろ」
ああー待ちきれねぇー
配達員の仕事を終えて、帰ってきたら、またゲームで配達員するんだろ
めっちゃええやん
お願いだ誰かコジマにドラッグは体に悪いから、やめろって言ってくれ
俺たちは何年もの間、言い続けてるぞ。KONAMIは、奴を止めることができたが、またコジマはやっちまった
俺はこれがゲームではなく、映画だと思いたい

混乱と興奮を同時に経験するなんて、初めてなんだが

小島秀夫からのスペシャルギフトだな
心配するな、ゲームをプレイするとき、君は二度目の混乱をする
もっともコミットし続けるデリバリー野郎だな
HIDEO KOJIMAの新しい映画ですね
コンセプト面白いな。アクションゲームだったら、全く興味なかったんだがな。
アイスランドのハイキングシミュレーターの間違いかな

3 COMMENTS

匿名

これ作りたいってなって対立して辞めた感じもあるな。出来次第ではコナミは分かっていたとなる可能性もある。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。