日本は働きにくい?海外の労働者からみた日本の企業の魅力度ランキングは29位との衝撃結果に…海外の反応をまとめました!

日本 労働

こんにちは!ライターのAyaです。

今回は、日本企業が海外からみてどんな評価を受けているかについて海外の反応をご紹介します。

転職サイトdoda(デューダ)が公開した2018年の転職人気企業ランキングは、1位トヨタ自動車、2位グーグル、3位ソニーとなりました。ここで意外だったのがグーグルが2位に食い込むという健闘ぶりです。

グーグルといえば、世界一のホワイト企業と言われ、給料、残業、福利厚生すべての面で社員の満足度を高く維持しています。その証拠に米Fortune誌が去年発表した「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社ベスト100)」では2年連続の1位を獲得するなど、アメリカでも他企業を圧倒しています。

さて、日本の企業はどうでしょうか。海外からみた日本企業の働きやすさは、どういった評価を受けているのでしょうか?

イタリアイタリア在住アラフォー女子が日本を離れて気づいた『理想郷は存在しない』ということ【海外の日本人】

日本は働きにくい?海外の労働者からみた日本の企業の魅力度ランキングは29位との調査結果にその本音とは?

スイスのビジネススクールの国際経営開発研究所の2018年の調査によると、日本は優秀な外国人労働者にとって、他国よりも魅力度が劣るという結果が出た。人材開発と投資、優秀な外国人労働者への魅力、教育に関する公的支出など、30のカテゴリーから行われる評価で、日本は63カ国地域の29位となった。

スイスがトップで、デンマークとノルウェーがそれに続いた。アメリカは12位、韓国は33位、中国は39位。また、カテゴリー別に見ると、日本の最高経営責任者の国際的な経験値は62位、生活費は60位、そして国内総生産に関連した教育支出は57位とほぼ最下位に近い。

この調査報告を受け、海外の人たちからは「納得」、「この国に移住したいとは思わない」など、この調査結果に賛同する意見が自身の体験談を交えて紹介されている。それでは、その声の一部を紹介していこう。

Japan less attractive than 28 other countries for skilled foreign workers, survey shows from japan

日本企業での働きやすさについての海外の反応

  • 自国の人にとって魅力的ではないのに、どうして外国人に魅力的に映るというのか?
  • 働くことに対する文化を変えて、「ブラック企業」を閉め出さない限り、下り坂を滑り続けることになる。日本人を「元気、気合、やる気」で洗脳することは可能だけど、外国人には絶対に無理。
  • 伝統的な日本企業の中には、何十時間にも及ぶ残業や取りにくい有給休暇など最低な企業文化がある。
  • 納得。私はクウォーターだから、いつか日本で住むことを夢見てた。ちょうど先週、東京にある会社の電話面接を受けたけど、この夢は打ち破られたよ。それでもまだ日本も文化も好きだけど。ニューヨークで育ち、ベルリンに住んでいる私にとって、日本での生活は想像できないし、女性の外国人として活躍できないとわかった。悲しいけれど、現実を受け入れるしかない。
  • 3年間日本に住んだけど、そう思う。日本の文化は好きだけど、日本で2社で働き、いかに日本で働くことが幸せではないことが分かった。労働文化と労働環境は最悪で、従業員の扱いや給料は低い。全てが新しくて新鮮に映るから、初期の段階では気がつくことは難しいけど、1年経った後に、欧米の方がいかにいいかって分かったよ。きっと将来、日本を何度も訪れるでしょう。でも永住することはぜったいにない。
  • 日本の労働状況は、日本人にとってさえ地獄だよ。
  • 正しいと思う。芸術文化は素晴らしいし、きちんとしているけど、この国に移住したいとは思わない。
  • 同意するよ。国自体はとても素晴らしく、綺麗で、住むには安全で、食べ物も美味しい。でも労働条件は最悪。もし、遠隔でどこからでも仕事ができるという条件か早期退職ができるのであれば、考えても良い。
  • 誰も1日12時間も働きたくないでしょ。
  • 労働時間が最悪だって聞いたことがある。改善されればいいけど。
  • 仕事上、上司は会議の後で飲み会を期待するでしょう。飲み会に参加するかしないかで、キャリアが成功するかしないかに関わるって聞いたことがあるよ。
  • 日本企業で働いた経験から言えるのは、問題は長い労働時間だけじゃなくて、生産性が低いこと。1日12時間仕事をしているように見せて、実際の仕事は1時間分だった同僚もいる。生産性や仕事が効率的になるようなうなことに対するインセンティブはない。
  • 私は日本に住んでいて5年間働いている。今は、いい会社で良い上司の下で働いているけど、ここにたどり着くまでに時間がかかったし、いろんな最悪な会社を見てきた。正直に行って、アメリカ、オーストラリア、カナダは日本よりもいい選択肢だと思う。もし、日本の側に住みたいなら、オーストラリアで仕事をして、毎年日本に旅行で行くことを勧めるよ。キャリアと健全性のためには。あなたがもし本当に本当に本当に住みたいと思わない限り日本への移住は勧めないよ。相当な努力が必要だから。もし、一生日本に住みたいなら、徹底的に頑張らなきゃならない。そうじゃないなら、旅行がちょうどいいよ。
  • ここに住むことが本当に価値があるかどうかを常に比較するべき。自分の国だったら、遥かに少ない労働時間で同じだけの給料を得られるし、帰宅時間も早い。

外国人の職探しインタビュー!日本語字幕もあるよ

外国人さん「日本で暮らすのって、結構大変なの?」海外の反応をまとめました!