『レッド・デッド・リデンプション 2』の海外レビュー(評価・評判・感想)

『レッド・デッド・リデンプション 2』

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、ロックスター・ゲームスより2018年10月26日に発売された『レッド・デッド・リデンプション 2(英語タイトル
Red Dead Redemption 2、RDR2)』の海外レビュー(評価・評判・感想)をご紹介します。

海外レビューサイトmetacritic(メタクリティック)から、海外の評価を見てみたいと思います。

全世界売り上げ本数2,300万本、Metascore97点、ユーザースコア8.2点という驚異的なスコアを記録。2019年の日本ゲーム大賞で「グローバル賞」 海外作品部門を獲得するなど、日本を含めて全世界で評価が高い作品です。

『レッド・デッド・リデンプション 2』について

『レッド・デッド・リデンプション 2』は、あの全世界に衝撃を与え続けている作品「グランド・セフト・オート」シリーズも制作した、ゲームソフトメーカーRockstar Gamesの作品。

デカすぎるオープンワールドとも呼ばれた本作。「グランド・セフト・オート」を彷彿とさせる自由度で1899年のアメリカを自由に旅ができる。

当時はアメリカが世界で最も強大な国家への変貌を遂げようとしていた時期。そして、街中を闊歩するギャングと執行官が対立する世界。ギャング団の「ダッチ・ギャング」の一員である、本作の主人公となるアーサー・モーガンは、生き残るために襲撃、暴力、盗みを繰り返すアウトロー。

操作次第では、アウトローから町の悪党を縛りあげる賞金稼ぎとしても活躍できる。善人として生きるかそれとも悪人か、プレイヤーが全てを決める。

引用:metacritic

『レッド・デッド・リデンプションII』は、アメリカのロックスター・ゲームスより2018年10月26日に世界同時発売されたオープンワールド型クライムアクションゲームソフト

『レッド・デッド・リデンプション 2』の海外レビュー(評価・評判・感想)

100点 LEVEL (Czech Republic)
西部劇が好きなユーザーだけでなく、全てのユーザーにとってとても素晴らしいゲームだ。他社ではオープンワールドの世界で、これほどまでに多くの選択肢を提供することは出来ないだろう。と同時に、興味深く感動する物語もないはずだ。素晴らしい体験が、ゆっくりと始まる。
93点 IGN Japan
レッド・デッド・リデンプション2には、壮大なミッションと、多数のサブミッションがあり、独創性に富んだユーザーのプレイ方法による変化する対話が特徴的だ。発生するイベントは巧妙に計画されており、たまたまランダムに発生しているとは思えない。

マップは適切な時間が訪れるまで、技術的に保留されており、層の厚いステータスシステムと技術の革新にあふれた銃撃戦や指名手配システムと物語の融合がみられる。優れたストーリーテリングと、前作との結びつきが素晴らしく、これらの要素から私はこのゲームを高く評価する。

90点 Metro GameCentral
欠点がいくつかあるにも関わらず、信じられないほどの技術的な進歩と西部劇を融合することで、現時点における、ロックスターのゲームの中で最も魅力的で意欲的な作品となっている。
88点 Video Chums
レッド・デッド・リデンプション2は豪華で壮大なオープンワールド型のゲームで、数時間プレイする間にすぐに没頭するはずだ。素晴らしいビジュアルと、複雑な世界、そしてリアルなキャラクター陣により、今世代において所有必須のゲームに仕上がっている。
85点 App Trigger
レッド・デッド・リデンプション2の細部へのこだわりや、魅力的な物語と美しいグラフィックにより、プレイ必須のゲームに仕上がっている。

一部不完全なコントロールの仕様と、疑問を抱かせる新しい機能など欠点も見られるが、スペースに対する改良が施されており、他のオープンワールド型のゲームとの差が歴然である。レッド・デッド・リデンプション2をプレイした時間は素晴らしいものとなった。

80点 The Escapist
物語自体に関して言えば、素晴らしくもあり、極端でもある。物語は壮大で長するぎるし、物語の展開が予想可能で感動的でもるが、刺激的でとても疲れる。

ビデオゲームの作成、演技、監督、モーションキャプチャーにおける進歩が集約されている。賞を取ることは間違いないだろうし、技術の進化によりこのゲームがプレイされなくなった後も、長い間記憶に残る作品となるだろう。その一方で、自由すぎる部分もあり、派生的でとにかく長い作品でもある。

75点 GameGrin
少し古風すぎる物語りが少々残念ではあるが、オープンワールド形式のゲームの中でも最も優れていると言い切ることができるであろう。全体的に非常に楽しく、このゲームをプレイすることを強くお薦めする。

間違いなく、このゲーム代に見合った価値を得ることができるはずだ。

70点 Slant Magazine
まだプレイヤーに重宝されている点においては、存在のユニークさを示しているが、レッド・デッド・リデンプション2では、このゲームが伝えようとしている自暴自棄や困難に悪影響を与える刺激的な部分がある。
99点 Hobby Consolas
ロックスターが、あらゆる面で傑作といえるゲームを作りだした。レッド・デッド・リデンプション2は有機的で進化したオープンワールドがあり、キャラクターやストーリー展開とゲームプレイの仕組みによりプレイヤーを「自由な男」に変身させる。また、今世代における最高の技術的要素をもたらしている。
96点 GamePro Germany
レッド・デッド・リデンプション2は、ほぼ全ての分野の水準を新しいレベルに引き上げたといえる。少なくとも今の世代において、このゲームを打ち負かすことができる競合他社はおそらくいないだろう。

このゲームはロックスターのもう1つの傑作であり、物語と演出、そしてなによりも技術面における現代のビデオゲームの可能性を示している。今のところ、家庭用ゲーム機世代における最も優れたゲームである。
94点 4Players.de
なんと力強い、無法者のオペラであろう。視覚的にもストーリーテリングにおいても、ロックスターは期待をすべて超えている。

レッド・デッド・リデンプション2は、これから何年もの間語り継がれる、注目すべきゲームである。

Amazonで『レッド・デッド・リデンプション 2』のレビューをみる

8 COMMENTS

匿名

操作性がいまいちで動きも、もう少しもっさり感を抑えてくれたらよかった。5時間くらいやって売った

返信する
匿名

箱は7.7
PCは5.1だよ
発売前は宣伝が凄くて、ユーザー側も盛り上がってたけどね
中古価格の推移を見れば本当の評価が見えてくる

返信する
匿名

おれはめっちゃやりまくった。
世界観がドンピシャで最高に没入したわ。
個人的にGTA5より上。GOTYだと思ったんだけどなー。

返信する
匿名

最高のゲームではあるけれどマルチが酷いデキだ
エラーばかりで時間を台無しにしてくれるしそもそもお金集め以外やることがない
それでもMMOなんてどれも酷いデキだから何とも言えないけどね
こういうリアルロールプレイングはPCでは無数にあるけどCSには中々ない
逆に言えばCS機ではこういった重厚な路線のゲームは慣れてない人も多いしサクサク進まないのでウケが悪いかもしれない

返信する
匿名

内容よりもっさり感で切ってる奴多いと思うぞ
もっさりを許容できれば面白いのかもしれないけど、許容できないとなると全編を通して苦痛だからな
あとちょっとしたことで指名手配され過ぎじゃない?馬で少し引っ掛けただけで即手配だし
GTAなんてその辺くっそアバウトなのに

返信する
匿名

操作性のもっさり感もあの時代の雰囲気に合ってて没入感に繋がって良かったけどなあ まあ好き嫌い分かれるのはわかる
ストーリーもグラフィックも最高峰だったな

返信する
匿名

決定とキャンセルの〇×を逆にするオプション設定は必須だったと思う。
あとアビゲイルが超絶うざい・・・
それ以外はとても良い内容だったと思う

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。