外国人さん「もしソニーが倒産したら、どうなる?サムスンが参入するんじゃないか?」

リライト記事のため、情報が古い可能性があります。

もしソニーが倒産したら、どんなコンソール戦争が起こる?Nintendo VS Microsoft?何が起こり得る?

もし、コンソールゲーム機の覇者?のソニーが倒産したら、何が起こるのでしょうか。
もしそうなった場合、世界首位のCMOSイメージセンサやハードウェア分野をはじめ、映画・音楽分野にも影響を及ぼすでしょう。今回は、ゲーム業界の影響を二人のアメリカ人が予想しました。

フリーランスのゲームプログラマーのマイク・プリンクさんとWebデザイン会社で働くカミル・ダニエル・サンダースさん、二人の海外の反応です。

via:Quora

マイク・プリンクさん「Amazon、ValveもしくはSamsungが参入すると予想」

現時点では、ソニーのプレイステーションのハード、ソフト、およびライセンス部門は非常に健全な業績を上げていて、業績低下の兆候はほとんど見られない。他のソニーのビジネス部門も私が理解している限り、うまくいっていて、破産の可能性は低い。それに、”Playstation” ブランドを売り払う前に、テレビ部門を売却する可能性が高い。

ソニーが倒産した場合、プレイステーション事業部は再編され、技術は売却されるか、そのまま消え去るだろう。ただ、プレイステーションがビジネス界から、姿を消すにはあまりに貴重すぎる

プレイステーションが買収された場合、”Playstation” ブランドを獲得することで、利益を得ることができる多くの企業がありそうだが、私はその中でも、Samsungが非常に高い入札者であると考える。他には、特にAmazonが最近、ゲーム開発市場でシェアを獲得するために積極的であり、コンソールを自社のサービスに直接統合する機会を逃すまいと飛びつくだろう。Valveは、コンシューマーゲームのプラットフォームとしてSteamの支配力を一段と強める手段として、ポテンシャルのあるプレイステーションを利用するだろう。プレイステーションは、PCとほぼ同等のスペックであり、Steamゲームを強烈に売り出す、有効な手段となる。これはValveにとって、ゲーム市場で非常に価値の高いことだ。

Valve(バルブ)
アメリカのコンピューターゲームを主に製作している企業である。 代表作にHalf-Life、Couter-Strike、Left4Deadシリーズなどが挙げられる。
また、ゲーム配信やグッズ販売、フォーラムコミュニティなどのサービス「steam(スチーム)」を運営している会社で有名である。
http://dic.nicovideo.jp/a/valve

それ以外の可能性として、プレイステーションが売却され、別の会社に編成された場合、投資資金を非常に迅速に獲得できる可能性がある。

可能性は低いが、“Playstation” ブランドのマーケットシェアと資産を奪うために、MicrosoftもしくはNintendoが何十億ドルもの入札を仕掛けるかもしれない。そうなると、ほぼ間違いなく、”Playstation” は形を変えず、そのまま売り続けられるだろう。その場合、プレイステーションはかなり厄介な問題を抱えるだろうが、ブランドとしての強みをすぐに取り戻すことができると思う。具体的な焦点は、どの企業が最高入札者になるか、またはプレイステーションがスタンドアローン(独立した)ブランドになるかどうかだ。また投資家が誰になるかによっても話は変わってくる。Microsoftが獲得した場合、ゲーム業界で支配的な存在となるかもしれないが、再編されたプレイステーション部門がうまく管理されていないと、コンソール市場を完全に制御することができないかもしれない。

カミル・ダニエル・サンダースさん「任天堂が携帯ゲーム市場を掌握、マイクロソフトは据え置き型で支配権を得る」

ソニーが倒産した場合、Microsoftはテレビゲーム市場の景色をいとも簡単に塗り替えると思う。任天堂は、トリプルエータイトルのゲームで競争相手になっていない。

【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在
「トリプルエータイトル」と読み、当初は欧米のメディアが使い始めましたが、次第にメーカー側の人間も使用するようになり、今ではユーザーも含めてゲーム業界全般で使用されつつあります。
ゲーム関係のサイトなどでもかなり定着した感のある単語ですが、意外なことに厳密な定義というものはありません。目安とするならば「大ヒットしたゲーム」、開発中の場合は「大ヒットになるであろうタイトル」などを指すことが多い言葉です。
https://www.inside-games.jp/article/2014/09/08/80320.html

これまでは、プレイステーションの人気により、新しい企業は自社製品を投入して十分な販売を上げられるかどうか非常に躊躇していたが、
Sonyが倒産した場合、サムスンのような別の競争相手がこの分野に参入する可能性がある。

結論

任天堂がモバイル(携帯可能な)ゲーム市場を完全に掌握し、一方でMicrosoftが据え置き型ゲーム市場の支配権を得る。

サムスンのような企業(彼らは既に絶好調のスマートフォン部門があるので、コンソール機開発に進んでも驚かない)か、Microsoftの立ち位置を脅かす企業が出てくるだろう。

ゲーム市場はPCに切り替わるか、友達が買ったゲーム機に集中するだろう。私はPS4を持っているが、これはPS3で知り合った親しい友人や仲間の多くが持っていたからだ。彼らがPCに切り替えていたら、私はPS4を間違いなく購入しなかっただろう。Sonyがゲーム部門を閉鎖して、PS5の発売を絶対にしないと知ったら、私はPCに切り替えて、The Last of Us Part 2の発売をひたすら待つ(笑)

うどんくん

なかなか面白い考察でした。
トリプルエータイトルなんて初めて聞きました。
任天堂のマリオは、AAAタイトルには入らないのでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。