劇場版『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか – オリオンの矢 -』の予告編に対する海外の反応

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、映画『劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか – オリオンの矢 -』の予告編に対する海外の反応をご紹介します。

本作は2019年2月15日に公開されました。制作はJ.C.STAFF、配給はワーナー・ブラザースが担当しました。

声優陣は、主人公ベル・クラネル役に松岡禎丞、主神ヘスティア役に水瀬いのり、アイズ・ヴァレンシュタイン役に大西沙織、内田真礼らがアニメ版より続投されました。

海外での公開があったか調べたところ、現時点では確認できておらず、日本のみでの公開となったようです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』2期の制作決定に対する海外の反応

映画『劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか – オリオンの矢 -』について

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』略して「ダンまち」は、三大処女神がギリシャ神話における恋愛を繰り広げるストーリー。神々が人間と住むことにより得られる刺激を求めて地上へ。想像を超えた関係性であはるが、本来の「心の在り方」に共感できる。神と人間の距離感を描くことで原作のメッセージを伝えている。

ライトノベル原作の劇場版が決定。原案のライトノベルはシリーズ累計1,000万部を突破している。作品原作者の大森藤ノは第4回GA文庫大賞を受賞。第3回ラノベ好き書店員大賞第1位。2016年第2回SUGOI JAPAN Awardではラノベ部門1位を獲得。映像にも力が入っており配給には大手ワーナーブラザーズが参加。

原作ファンも多い中で情報は海外にも拡散している。英語字幕のリリースを待ち望んでいる海外ファンたちの声を一部紹介しよう。

映画『劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか – オリオンの矢 -』予告編に対する海外の反応

バラの花は赤い。
スミレの花は青紫。
オススメで来た自分。
自分もでしょ?
まぁ、そんなとこ……
聞きたいのは…….上映はいつ??
なんであの子がいなくなると思うんだろう…
キタァァァ遂に戻ってきた。ずっと待ってたんだよ
英語字幕でのリリースはいつ?
分からないな。でも日本語リリース後の2、3ヶ月あとじゃない?
え?ワーナーブラザーズ?え?マジで?
ワーナーブラザーズがアニメ化するんだよ
ベルに必要な剣があるね。短めかさらに長め。
アニメにはアクションも備わってる。かっこいいアニメはワーナーブラザーズが備わる。
松岡さん大好きです
早く見たいよ!!
アメリカにもやってくる?
こりゃ間違いなく“SUGOIIIIIII” (すごい)
絶対見るよ
スタジオはどうであれ。次のシーズンだけ考えよう。
シーズン2じゃないと思う。これは映画でしょ。
シーズン2じゃないの〜〜?
本当にリリースされるの?
リリースされるよ。
この上映後にシーズン2が見れる。
映画化されるの?ダンマチのシーズン2を見かけたような気がする。よく分からないな。
これは映画だよ。新しいシーズンはその後。典型的なマーケティング手法です。
ダンまちに費やしたお金…本や漫画に費やしたお金…遂に映画を見せてくれるんだね。
これはゲーム?それともアニメ?アニメなら有難すぎる。すごく待ったからさ。
あらまぁ….見た感じこの予告編は残念。どの場面にも青毛の子が死ぬことが決まってる…

4 COMMENTS

匿名

たしか80分ぐらいの作品だったけど、90分ぐらい尺が足りてない感じがしたな

返信する
匿名

仲間に裏切られても理解できない
幼児レベルにピュアなベルくんは
長生きできるか心配。

返信する
ななし

>あらまぁ….見た感じこの予告編は残念。どの場面にも青毛の子が死ぬことが決まってる…

青い女の子ってアルテミス(神)なんだけど、神も死ぬの?
ところで荷物持ちの子は出ないの?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。