MWAM『2045』に対する海外の反応「こいつら未来に生きてる」

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、MAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)の『2045』に対する海外の反応をご紹介します。

マンウィズアミッション『2045』について

MAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)の5thアルバムの「Chasing the Horizon」に収録されている『2045』が海外で盛り上がってます!マンウィズアミッションと言えば、オオカミの被り物…いえ、そのビジュアルに注目が集まりますが、海外ではビジュアルはもちろんのこと、彼らの音楽スキルに虜になっています。

6月6日に発表されたアルバムの収録曲の「2045」の意味は、シンギュラリティ(技術特異点)が2045年までに到達する、2045年問題を意味しています。

そもそも、シンギュラリティ(技術特異点)とは、人間と人工知能(AI)の能力が逆転する現象のことで、人工知能がさらに優れた人工知能を作り出すような加速度的な技術成長がよく言われています。約30年後の2045年、私たちの生活はどうなっているのでしょう。30年前、いまの2018年を想像できなかったように、2045年も全く想像できない世界が待っているでしょうね。

シンギュラリティが気になった方はこちら。

「AIが人類を超える」どころじゃない! こんなに凄い「シンギュラリティ」の衝撃
カーツワイルのいうとおり、シンギュラリティが「人間の能力が根底から覆り変容」し、「人類が生物を超越する」ようなレベルの大事件だとすれば、いま地球上で生きている私たちはもしかしたら「最後の現生人類」になるのかもしれません。そんなふうに思うと、私はこれから起こる変化に胸が躍るような気分になります。人類史上、こんなにエキサイティングな面白い時代はありません。
http://www.gentosha.jp/articles/-/8000

「ゴールデンカムイ」のOP曲『Winding Road』に対する海外の反応


マンウィズアミッション『2045』に対する海外の反応

神よ!こりゃあ最高じゃないか!このまま突き進め!MAN WITH A MISSIONをスペインで会うその日まで
いつものように燃やしてやれ!
バスギターのラインやべ
ジャパニーズロックは素直に鳥肌っす!
ロックだなーフランス来てくれよー!
マンウィズは曲リリースするたびに良くなってるよな。
これまでマンウィズアミッションの曲は私に強烈なインパクトを与えてくれた。名前にもなっている通り、ミッションを持って来てくれてね。この曲は勇気付けられるような歌詞になってるよね。MWAM最高!
いやぁっほい!
オオカミ大好きだぞ!
マンウィズはファンを決して失望させない。この曲最高すぎないか…ようこそ未来へ、オオカミくん。
ベトナム人はマンウィズアミッションを応援しています
未来はVirtual BoxでUbnutuでマウントして、ハックすればいいんだな
このMVの構成は2045年のシンギュラリティで失った、人間性を取り戻すっていうストーリーな。最後のTANAKAさんはまじドープだね。オオカミ最高!
CDリリースしたらまた聞きたいぜ。イタリアでいつか会いたいな。ここにはファンがすごいぞ!
もう新しいMV出したの?!スピード感すごいなー!
Dead End In TOKYOで出てた、俳優ここで3人発見した!
シンガポール来てくれよぉ、お願い…お願い…お願い…
マンウィズのニューシングルは外さないんだよねー。ぐっじょぶMWAM!
Sugoiiiii♡♡♡
最初に聞いた時からまじで虜になった。ガッデムだってマンウィズ!日本で過小評価されすぎじゃないか。
俺たちは2018年に生きてるが、こいつらは2045年に生きてる。

山本アンドリュー

MWAM勢いすごいん

1 COMMENT

ユウ

マンウィズを知るきっかけになったのが、七つの大罪の「SevenDeadlySins」です。そこから、「2045」や、「Far」などいろいろ知っていき、最終的に、ハマりました。☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。