映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の予告編に対する海外の反応

映画『スター・ウォーズ:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』

こんにちは。山本アンドリュー(@chokkanteki)です。

今回は、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の予告編に対する海外の反応をご紹介します。

ついに、続三部作(シークエル・トリロジー)の第3章(完結編)が公開されます!位置付けとしては、旧三部作と新三部作を合わせた合計9本の「スカイウォーカー・サーガ」を締めくくる作品となります。

監督は巨匠J・J・エイブラムスがメガホンを握ります。個人的には大好きな監督ですね。日本での知名度も高い、海外ドラマ「FRINGE/フリンジ」「LOST」「エイリアス」などの製作総指揮を務め、あの日本映画界に旋風を巻き起こした「君の名は。」のハリウッド版も手掛けるとあって、今後も大注目の監督です。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の情報まとめ
タイトル(原題) スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題:Star Wars: The Rise Of Skywalker)
公開日 2019年12月20日(日本)
監督 J・J・エイブラムス
脚本 J・J・エイブラムス
クリス・テリオ
音楽 ジョン・ウィリアムズ

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』について

「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に制作された超大作。ジョージ・ルーカスが監督を担当、メインキャストを務めた御三方は今やレジェンド。1977年〜1983年に公開された旧三部作は彼らの代表作だ。シリーズは新三部作、スピンオフ、イウォーク・シリーズ、アンソロジー・シリーズ、続三部作と制作し続ける。アニメやドラマ化もされている超人気作品。

今回は続三部作のエピソード9の公開が決定。最終章と呼ばれている新作の監督は2015年「フォースの覚醒」を担当したJ・J・エイブラムスがその大役を担う。シリーズの中で最も世界興行収入を挙げた監督がメガホンを取る。期待するべき点はスカイウォーカーの血筋を受け継ぐ者だ。

完結編では全世界のファンがティーザーを見てコメントを送り合うなどしすでに盛り上がりを見せている。寄せられたコメントの一部を見ていこう。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の予告編に対する海外の反応

皇帝:30年間も眠っていた!!!
“スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け”
アナキンが遂に優位に立てるってこと?
白いローブを身にまとった皇帝パルパティーン「白のダース・シディアスと呼べ」
この映画がハズレならディズニーはスターウォーズ作品を一つに絞れるのでは…ビンクス:スターウォーズ物語
「まだ誰も行っちゃいない」
アベンジャーズ/エンドゲームを良くしてくれてありがとう!

「エンド・オブ・サガ」…ディズニーさん、誰も騙せやしないよ

多分「エンド・オブ・スカイウォーカー・サガ」じゃない?…スカイウォーカーシリーズよりも他に面白い作品はスターウォーズにある。

どれも違うね。物語ではなく商品を売ろうとしてるんだよ。
ピーター・メイヒュー、ケニー・ベイカー、キャリー・フィッシャーの思い出に包まれてたい。
ピーター・メイヒュー

ピーター・メイヒュー。身長218cm。『スター・ウォーズ・シリーズ』のチューバッカ役を演じた。

ケニー・ベイカー

ケニー・ジョージ・ベイカー。身長112cm。『スター・ウォーズ・シリーズ』のR2-D2役を演じた。

キャリー・フィッシャー

キャリー・フィッシャー。『スター・ウォーズ・シリーズ』のレイア・オーガナ役を演じた。

ご愁傷様です。
サノス「2019年の悪役になる」
パルパティーン「私の民主主義に従え」
パルパティーンが利用されている。絶対にパルパティーンが出てた記憶を思い出させようとしてる。笑い声を使うのも惹きつけようとしてるだけ。

音楽指導者のジョン・ウィリアムズ。感動は忘れないよ

残念ながら彼は今作でスター・ウォーズを引退する。

SW音楽から巨匠ジョン・ウィリアムズ引退?エピソード9で「もう十分」

映画『スター・ウォーズ』シリーズで数々の名曲を生み出してきた音楽家ジョン・ウィリアムズ(86)が、新3部作を締めくくる次回作『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』で同シリーズを引退するかもしれない。ウィリアムズ本人が今の心境をアメリカのラジオ局KUSCで語った。

シネマトゥデイ

最後の音楽になるんなら最高傑作になるように願おう。
パルパティーンが発するはじめの一言……「私が元老院だ。」
もうさ“ラマになった皇帝”でいいじゃん。むかつくな。
あらま〜でもね、皇帝はまだ使えるんだよ。
多くの何千人ものスターウォーズファンはハマってる。既に1億5千万以上人が見てる。24時間以内に1億1千万人が見てたってこと。
ユーチューブでは2千7百万人。スッゲェ数の人だよ。
テレビで見てたよ。サラウンドスピーカーで。パルパティーンが笑った瞬間、部屋中が揺れた。不気味だった。
気づいたと思うけど、バックでレイア姫のテーマが流れてた。
まだ何もなくなっちゃいない..
ファルコンが帰する..
完全にパルパティーンが入れ替われることを忘れてた。
ルーク「まだ誰も行っちゃいない」
スターウォーズのクリスマスホリデースペシャル「ざま〜みろ」
今作以降あと“The Old Republic”についてあと9つ制作したほうがいい。かっこよく作ってね!
皇帝が現れる:“36年間も眠っていた!”
まだ誰も行っちゃいない。資金調達せねば。
続編がかなりランダムに作られてる。皇帝はどこに、どうやって全ての作品に当てはめていくつもり?
私「シリーズを修正することは可能?」
パルパティーン「ジェダイでは無理だろう!」
アクションも音楽も最高

4 COMMENTS

匿名

ファンの皆様はエピソード8に御怒りの様ですが、個人的にはスターウォーズはエピソード7で既に破綻していると思うんですよね…。エピソード9で挽回出来る事を祈ってます。

返信する
匿名

これの次はメタルギアソリッドの小島監督に作って欲しいです。何とかならないかなぁ。

返信する
匿名

脚本も正直アレだけど、フォースに対する解釈がダメダメすぎるでしょ
空中で制止するブラスターの弾、乱発する読心術と精神接続、謎宇宙遊泳、実体のある生霊等々
100年単位で瞑想と鍛錬を積んでも使いこなせない神秘の力を、単に脚本のために都合のいい魔法扱いとか、脚本家と監督は本当にルーカスが手掛けた六部作を見たのかってレベル

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。